By 三浦大和 / 最後の更新日時 August 22, 2019

なぜディスクをクリーンアップする(掃除)必要がある?

時々重要なファイルを削除したい、回復させたくない場合があります。しかし、それを直接削除すると、回復ツールで回復する可能性があります。だから、ディスクをクリーンアップすることはより強力です。ディスク内の未割り当て領域を消去することができますので、削除されたファイルが回復できなくなります。ディスクをクリーニングすると、ディスク上のすべてのデータが永久に消去されます。誰もそのデータを回復することはできません。重要なファイルを消去したい場合は、[削除]より[クリーン]のほうが優れています。さて、Windowsツール[Diskpart]は[clean]や[clean all]を使用してディスクやパーティションを掃除することができます。

コマンドラインでディスクをクリーンアップ(掃除)するには?

Diskpartでディスクを消去(クリーンアップ)する方法は何ですか?Diskpartはディスク管理のための素晴らしいツールです。Diskpartの特定の構文 [clean]または[clean all]を使用してディスク上のデータを永久に消去することができます。Diskpartコマンドラインでディスクをクリーニングするには、次の手順を参照してください。これを行う前に、正しいディスクがあることを確認してください。

[スタート]ボタンをクリックし、[cmd]を入力し、プログラムをクリックし、[管理者として実行]を選択し、コマンドプロンプトを開きます。または、[WIN + R]を押し、[cmd]を入力し、キー[Enter]を押します。次に、[diskpart]を入力してプログラムを起動する必要があります。

[list disk]を入力し、キー[Enter]を押し、コンピュータのすべてのディスクが一覧表示されます。次に、[select disk n]を入力し、クリーニングしたいディスクを選択することができます。ディスクの状態がオフラインの場合は、[online disk]を入力してキー[Enter]を押してオンラインにします。そして、あなたの要求に応じて、[clean]または[clean all]を入力します。Diskpartのクリーンコマンドは、新しいデータがディスク上の同じ場所に保存されると、ただ削除されるまたは上書きされるとマークしたディスク上のデータを消去します。Diskpart の[clean all]コマンドは、ディスク上のすべてのバイトを消去し、削除されたデータを復元できないようにします。また、完了に時間がもっとかかります。

ここで例をとします。上記の手順や次のスクリーンショットのようにディスク1をクリーニングします。

Clean Disk


しかし、SSDの読み取りまたは書き込み速度が遅くなる可能性がありますから、[clean]または[clean all]コマンドを使用してSSDをクリーニングすることを推奨しません。

AOMEI Partition Assistantを使用してディスクをクリーニングする

もしあなたはディスクを簡単にクリーニングする方法を探しているのなら、好評を得るAOMEI Partition Assistantをお勧めします。AOMEI Partition Assistantは簡潔なインターフェイスを持ってディスクを自由に管理できる優れたディスクマネージャソフトです。グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)は、数回のマウスクリックでディスクを管理することを提供します。ディスクをクリーニングするには、[ディスクの消去]機能を使用します。

これを行う前に、掃除するディスクを確保する必要があります。一度ディスクがクリーニングされると、ディスク上のデータは復元できなくなるためです。

まず、無料版をダウンロード し、インストールし、起動します。後、ディスクの基本的な状況が表示されます。クリーニングするディスクを選択し、右クリックし、[ハードディスクを消去]を選択します。

Select Wipe Hard Drive


次に、ディスクをクリーニングする方法を選びます。

Wipe Hard Drive


最後に、[適用]をクリックして操作全体を実行します。[適用]をクリックすると、保留中の操作が表示されます。それを確認し、[続行]をクリックして操作を確認します。

Click Apply


DiskpartとAOMEI Partition Assistantの両方でディスクをクリーンアップできます。 しかし、コマンドを実行すると、元に戻すことができないですから、前者の場合は、Diskpartの詳細を知っておく必要があります。AOMEI Partition Assistantはより操作しやすいので、非技術者でも単独で操作できます。さらに、AOMEI Partition Assistant 5.8エディションはパーティションコマンドラインも提供します。コマンドを使用してディスクを管理する場合は、このソフトでもできます。