By ゆき / 最後の更新日時 August 6, 2019

現在、SSD技術の発展のおかげで、その価格は以前より安くなります。より多い人はそれを試してみたいです。そのため、彼らはSSDにHDDをクローンできるソフトウェアを見つけます。

従来のHDDと比べて、SSDは以下の利点があります。まず、その完全な名前はソリッドステートドライブです。HDDの完全な名前はハードディスクドライブです。そのため、それらの材料は異なります。それにより、動作の原理も違います。SSDの読み込みと書き込みのスピードはHDDより速いです。SSDが働いている時の音もより小さいです。システムが実行している時、SSDの発熱量はHDDより少ないです。優れた耐震性能、省エネなどはSSDの他の特別な利点です。それはより多いノートブックユーザーはHDDの代わりにSSDを使用する原因です。

しかし、前にHDDを使用した場合、すべてのデータはそこにあるから、どうすればいいですか。クローンは一つの解決案です。HDDからSSDにクローンします。通常に、SSDのサイズはHDDより小さいです。それで、問題は詳細になります。どのように小容量SSDに大容量HDDをクローンしますか。

この問題を解決するために、あるツールを持つべきです。ここでは、AOMEI Partition Assistant Proを推薦します。それは専門パーティションマネージャーソフトウェアであり、HDDにも働けます。ディスクコピーはその一つの機能です。大容量HDDは250GBですが、すべてのデータは40GBだけを占めます。それを小容量SSDにクローンできます。例えば、64GBと128GBのSSDです。次は具体的な手順です:

公式サイトからAOMEI Partition Assistant Professionalエディションをダウンロードして、インストールします。小容量SSDはお使いのコンピューターに接続すること、それはブランク(即ち未割り当て領域)であることを確認してください。クローンの時、元のデータは上書きされるので、HDDに重要なことがあるなら、それらをバックアップしたほうがいいです。今、AOMEI Partition Assistant Professionalエディションを実行して、その主なインターフェイスで大容量HDD(ディスク1)を右クリックします。「ディスクをコピー」オプションを見つけられます。私達の目的はディスク1をディスク2にコピーします。次の文で、いくつかの重要なポイントを伝えます。

ディスクをコピー


1.「セクタ単位のコピー」より「ディスクの高速コピー」をディスクコピー方法として選択します。小容量に大容量ディスクをクローンするので、この方法のみで、成功に新しいディスクに使用された容量だけをコピーできます。

コピー方法選択


2.「SSDの性能を最適化」ボックスをチェックして、SSDの読み込みと書き込みの速度を向上させます。

ディスク選択


3.自分のニーズによって、パーティションを編集します。

ディスク編集


4.そして、すべては問題がないなら、「適用」ボタンをクリックして、変更を提出します。

適用


「小容量SSDに大容量HDDをクローン」のトピックについて話す時、ユーザーは他の状況を考えています。HDDからOSだけをSSDに移動したいです。どのようにしますか。直接にコピーと貼り付けは無理ですが、心配することは必要無いです。上記のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalエディションを使用して、その強力な機能「OSをSSDに移動」なのでそれを簡単に実現できます。ここはチュートリアルです:/jp/help/migrate-system-wizard.html

AOMEI Partition Assistant Professionalは「小容量SSDに大容量HDDをクローン」のようなディスク/パーティション問題を簡単に解決できます。Windowsユーザーにとって、AOMEI Partition Assistantは確かに不可欠なアプリケーションです。