Windows 10/8/7で回復パーティションを安全に削除する方法

回復パーティションとは?

回復パーティションはシステムディスクの上にある特殊なパーティションです。通常、日常のデータ保存に使わず、パソコンを工場出荷時や特定の状態に戻すためのデータを保存しています。パソコンを回復パーティションから起動することで、リカバリー作業が行えます。

回復パーティションには2種類あります:

  • 1つは、Windows回復環境(WinRE)を保存するパーティションで、WindowsをGPTディスクにインストールすることによって作成されます。通常、Windowsの回復パーティションには、オペレーティングシステム(OS)しか含まれていないため、数百MBのディスク領域を占有します。例えば、Windows 10の回復パーティションは450MBだけが必要で、Windows 8または7ならもっと少ないです。

    もう1つは、出荷前にDell、HP、Lenovoのようなコンピュータ製造元によって作成、プリインストールされ、通常はOEMパーティションとしてマークされます。特定のキー(通常にHPならF9で、DellならF12です)を押すことで、OS、ドライバ、ビルトインアプリケーションを含む工場出荷時のデフォルト設定にコンピュータを復元できます。この回復パーティションは、Windowsの回復ーティションよりも多くの領域を必要とします。

回復パーティションの変更や削除を防止するため、回復パーティションには通常ドライブ文字がなく、「ディスクの管理」には「ヘルプ」オプションしか提供されていません。

また、一部のソフトウェアを使って、回復パーティションにドライブ文字を追加して回復パーティションが管理できるようになりますが、そこにファイルを保存したり、その中のファイルを変更したりしないでください。システムの回復プロセスの失敗につながる可能性があります。

回復パーティションを削除するのは大丈夫?

ハードディスクの空き容量を増やしたい場合には回復パーティションを削除しても大丈夫ですか?もちろん、実行中のOSに影響を与えることなく、回復パーティションを削除することができます。

●普通のユーザーにとっては、回復パーティションがあまりにも多くの領域を占めないので、そのままにしておいたほうがいいです。また、システムが破損したり、故障したり、その動作が遅くなったり、パフォーマンスが低下したりする時、OSを再インストールすることなく、回復パーティションを利用してシステムを復元することができます。

●しかし、違う意見を持っているユーザーもいます。回復ドライブ、最近のシステムイメージ、またはWindowsインストールCDのいずれかがあれば、回復パーティションを削除しても大丈夫です。通常、時間が経つにつれて、より多くの個人ファイルとアプリケーションがシステムパーティションに保存されます。回復パーティションはシステムを工場出荷時の状態に戻す場合にのみ役立ちます。最近のバックアップほど有用ではありません。

とにかく、システムに問題が発生した時、回復パーティションからパソコンを復元するのは、システムパーティション内のすべてのデータとプログラムを消去するので、やむを得ない場合以外は、そういう手段を使いません。

回復パーティションを削除する安全な方法

上に述べたように、「ディスクの管理」では「ヘルプ」オプションしかないので、回復パーティションを削除することができません。次はWindows 7/8/10で回復パーティションを削除する他の3つの方法を紹介します。

方法 1. 回復ドライブの作成中に回復パーティションを削除

USBメモリを利用して回復ドライブを作成する時にPC から回復パーティションを削除することができます。

回復ドライブの作成が終わったら、次のいずれかの操作を行うことができます。

回復ドライブの作成

●回復パーティションをPC上に保持したい場合は、「完了」を選択します。

●PCのドライブ領域を解放したい場合、「Delete the recovery partition(回復パーティションを削除します)」 リンクをクリックして、「削除」を選びます。

注:PCによっては、回復パーティションを削除するオプションが表示されない場合があります。このようなPCには、回復パーティションがありません。

※詳細については、このMicrosoftサポート上に掲載された情報を読んでください。

方法 2. Diskpartで回復パーティションを削除

Diskpart.exeを使用してコマンドプロンプトからパーティションを削除できます。Windows 7を例として、以下の手順に従って、Diskpartで回復パーティションを削除しましょう。

ノート:それぞれのコマンドをEnterキーで終了する必要があります。
  • 1. 検索ボックスに「diskpart.exe」と入力して、検索結果から「diskpart」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。Diskpart

  • 2. コマンドプロンプトに「list disk」と入力して、すべてのディスクをディスク番号で表示させます。

  • 3. 「select disk n」と入力して、回復パーティションが存在するディスク(システムディスク)を選択します。nを正しいディスク番号に置き換えてください。

  • 4. 「list partition」と入力して、選択されたディスク上のすべてのパーティションが一覧表示されます。パーティションラベルやパーティション情報を参考にして、削除する回復パーティションがどれか分かります。

    ヒント:「list partition」の代わりに「list volume」コマンドを入力して、すべてのパーティションをボリュームラベルで表示させることで、どれが回復パーティションかも分かります。

  • 5. 「select partition m」と入力します。mは回復パーティションのパーティション番号です。

  • 6. 最後は「delete partition」と入力して回復パーティションを削除します。

補足ほとんどの場合、回復パーティションを正常に削除できますが、「force protected パラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できません」というエラーメッセージが表示されることがあります。こういう場合、「gpt attributes = 0x8000000000000000」と入力し、「delete partition」を繰り返したら、回復パーティションを削除できると思います。

Diskpartは、詳細を表示する明確なインターフェイスがないし、回復パーティションを削除できますが、間違ったパーティションを削除する可能性があります。それに、操作をやり直すことができません。そのため、Diskpartに精通していない人にとっては、それは良い選択ではないと思います。

方法 3. パーティション管理フリーソフトで回復パーティションを削除

AOMEI Partition Assistant Standardは無料パーティション管理ソフトで、回復パーティションを削除し、ディスク領域を安全に解放できます。このツールはどのように働くかを見てみましょう:

ステップ 1. このフリーソフトをダウンロードし、インストールし、開きます。

こちらからダウンロード

ステップ 2. 対象の回復パーティションを右クリックして、「パーティションを削除」を選択します。

パーティションを削除

ステップ 3. ポップアップウィンドウで「パーティションの高速削除」を選択して「はい」をクリックします。

削除方式
  • 他の削除方式を選択したい場合、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードする必要があります。これだけでなく、有料版はSSDにOSを移行、ブータブルメディアを作成、データを失うことなくMBRとGPTの間でディスクを変換することができます。

    AOMEI Partition Assistant Proの体験版をダウンロードして、すべての機能をプレビュー、操作をシミュレートできます。無料体験

ステップ 4. すると、回復パーティションは未割り当てとして表示されます。仮想結果を確認して問題なければ「適用」をクリックします。

適用

ただ数秒で、回復パーティションが削除されました。AOMEI Partition Assistantの「パーティションを結合」を使用して、この未割り当て領域を他のパーティションに追加できます。或いは「パーティションを作成」を使用して、この未割り当て領域で新しいパーティションを作成できます。