Diskpartを介してWindows(UEFI)起動可能なUSBを作成します

起動可能なUSBスティックを作成する理由

起動可能なUSBはその名前が示すように、OSのないコンピューターまたはOSが壊れたマシンを起動するのに使用されます。起動可能なUSBドライブは、OSが起動できない時、システム修復に使用されることができます。時には、破壊されたブートファイルでWindowsが起動できないですが、ファイルと個人データはユーザーにとって重要なものです。Windowsが起動せずにHDDをバックアップする必要があるかもしれません。そのため、この状況で起動可能なメディアはかなり有用です。

起動可能なUSBドライブを作成する他の目的はOSをインストールすることです。例えば、周りにインストーラディスクがなくて、別のHDDまたは他のコンピューターにWindowsをインストールしたい場合、Diskpartまたは他のツールを使用して起動可能なUSBドライブを作成できます。この起動可能なドライブはマシンを起動するのにすべての必要なドライバがあります。そのため、ISOファイルをブータブルドライブにダウンロードして準備しておくことが必要です。しかし、サードパーティ製のソフトウェアを使用しても、WindowsのDiskpartを使用しても起動可能なUSBを作成する方法を見つける必要があります。

Diskpartで起動可能なUSBを作成します

ヒント:この部分はDiskpartを使用して起動可能なUSBを作成する方法を紹介します。Diskpartのすべての操作を元に戻すことができないことに注意してください。Diskpartコマンドに精通しなくて、データ損失のリスクを減らしたい場合、次の部分に直接スキップしてください。

最初、実行しているコンピューターにUSBドライブを挿入します。USBドライブ上のすべてのデータはフォーマットされているため、再フォーマットの前にファイルをバックアップできます。管理者としてコマンドプロンプトウィンドウを開き、「diskpart」を入力します。動きごとの後、Enterキーを押すことを忘れないでください。

次は、次のコマンドを順番に入力します。

1. list disk

2. select disk X (XはUSBドライブのドライブ文字またはディスク番号を表します)

3. clean

4. create part pri

5. select partition 1 (これはさっき作成されたパーティションです)

6. assign letter=N

7. select partition N

8. format fs=ntfs quick (DiskpartでUEFI起動可能なUSBを作成したい場合、それをFAT32としてフォーマットします。代わりにformat fs=fat32 quickを入力します。)

9. active

10. exit

最後、準備されたカスタムイメージをUSBフラッシュドライブのルートに置きます。WindowsエクスプローラでUSBはリムーバブルディスクとして表示される場合、1つだけのプライマリパーティションを作成できることに注意してください。それは固定ディスクとして表示される場合、そのサイズに応じて複数のプライマリパーティションを作成できます。

AOMEI Partition Assistantを介して起動可能なUSBを作成します

Windows 7/8.1/10でDiskpartを使用して起動可能なUSBを作成するのは効果的な操作です。コンピューターの初心者であり、ブータブルUSBドライブを作成するより簡単なソリューションを見つけたい場合、AOMEI Partition Assistantを試すことができます。このパーティションツールはユーザーフレンドリーなインターフェイスを持ち、より少ない手順でブータブルUSBの作成を完成できます。最も重要なことはカスタムイメージ(ISOファイル)を準備する必要がないことです。Partition Assistantはそれを処理します。このソフトは使いやすい「Windows PEでブータブルCDの作成ウィザード」を提供し、自分が間違いを犯すことを心配する必要がありません。また、HDDを管理するためにPartition Assistantを起動可能なデバイスに焼き、そして起動可能なデバイスから起動するのは、ソフトウェアを直接インストールしない複数のマシンを管理できます。

ステップ1.AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側で「ブータブルCD/USBの作成」をクリックします。

ブータブルCD/USBの作成

ステップ2.「USBブートデバイス」をクリックしてUSBドライブをISOファイルを保存するパスとして選択します。「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ3.ポップアップウィンドウで「はい」をクリックします。プロセスの完了を待っています。

操作プログレス

要するに、Diskpartを使用して起動可能なUSBドライブを作成するのは簡単ですが、AOMEI Partition Assistantを使用するのはより便利です。Partition Assistantによって作成された起動可能なUSBドライブから起動した後、すべての内部機能を使用することができます。例えば、パーティションのリサイズディスクのコピー、パーティションのコピーなどです。Windows 8/8.1/10を実行している場合、AOMEI Partition Assistantを介してWindows To Go USBドライブを作成できます。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!