フリーソフトでシステムパーティションを連続していない領域に拡張します

いつパーティションを連続していない領域に拡張しますか?

Windows 7/8/10およびそれ以前のバージョンで、ほとんどすべてのディスクはC:、D:、E:ドライブ、多分より多いボリュームに分割されます。しかし、パーティションの管理に最も一般的な問題の1つはボリュームが容量不足になることです。多くの場合、そのボリュームはシステムドライブC:です。もし他のデータパーティションに分離されてしまった空き領域が同じディスクにあるなら、連続していない領域に拡張してシステムドライブを拡張する必要があります(次の画面のように)。もしディスクに空き領域がないなら、この小さなドライブを大きなディスクに置き換えることができます。クローンした後、大量の未割り当て領域は大きなディスクの最後にあることを見つけます。現在、パーティションを連続していない領域に拡張する上述のような状況に直面しています。しかし、この目的をどのように実現しますか?次の部分で答えを見つけます。

ディスクの管理

ボリュームを非連続の未割り当て領域に拡張する方法

パーティションに変更を作成するのですべての重要なデータをバックアップしてください。Cドライブを右クリックして「ボリュームの拡張」はグレーアウトすることを見つけます。まだWindowsの内蔵ツール、ディスクの管理を使用して隣接しないパーティションまたは空き領域を拡張したいなら、間のパーティションを削除しなければなりません。この例でそれは25GBの容量を持つE:/です。まずE:/を未割り当て領域に拡張し、そしてそれを削除して未割り当て領域を作成できます。その後「ボリュームの拡張」は有効になります。しかし、パーティションの削除はその中のコンテンツが紛失することを意味します。ほとんどの場合、それは賢い選択肢ではありません。

隣接していない領域に拡張したいパーティションはシステムパーティション/ブートパーティションじゃなくてデータパーティションである場合、それをダイナミックパーティションに変換し、そして「ボリュームの拡張」オプションを選択することができます。注意:FATパーティションは拡張されることができません。また、一部のWindows OS(例え、Windows 7 Home PremiumとWindows XP Free Edition)はダイナミックディスクもサポートしません。

幸いなことに、頼もしくて便利なパーティション管理者AOMEI Partition Assistant Standardを使用して隣接していないパーティションと未割り当て領域を結合する最も簡単な方法を試すことができます。このソフトウェアはWindows 10/8.1/8/7とWindows XP/Vistaのために無料です。パーティションを削除、パーティションをダイナミックに変換する必要がありません。数回のクリックだけでこのタスクを完成できます。アドウェアやバンドルソフトがないのでそのインストーラパッケージは小さいです。そのためそれをダウンロードして試してください。

無料AOMEI Partition Assistantで非連続の未割り当て領域に拡張します

ステップ1.AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。拡張したいパーティションを右クリックして「パーティションをマージ」をクリックします。

パーティションをマージ

ステップ2.ターゲットパーティションと未割り当て領域のボックスをチェックして「はい」をクリックします。

未割り当て領域をチェック

ステップ3.今、ターゲットパーティションC:/ドライブは55GBから74GBに拡張されます。「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

ステップ4.確認した後、「続行」をクリックします。

続行

上述のように、AOMEI Partition Assistant Standardを使用してシステムドライブであるかどうかと関係なく、4つの手順だけが必要で、パーティションを連続していない領域に拡張できます。実際にこの無料パーティション管理者は他の機能を沢山持っています。例えば、パーティションをFAT32に再フォーマット、C:ドライブを縮小して他のパーティションを拡張します。OSを新しいHDDに転送、ブータブルメディアを作成、ディスク/パーティションをコピーすることもできます。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!