書き込み禁止があるSDカードをフォーマットする方法

SDカードをフォーマットする一般的な方法

WindowsでSDカードをフォーマットする最も簡単な方法はファイルエクスプローラーを利用することです。次の手順に従えば、Windows 10/8/7でSDカード、microSDカード(マイクロSDカード)をフォーマットできます。

  • ステップ 1. フォーマットの必要があるSDカードをパソコンに接続します。

  • ステップ 2. Windows 7/8の場合は「スタート」→「コンピューター」の順にクリックし、エクスプローラーを起動します。Windows 10の場合は「PC」をクリックし、エクスプローラーを起動します。或いは、「Windowsキー」と「Eキー」を同時に押し、エクスプローラーを起動します。コンピューター

  • ステップ 3. SDカードが表示されるので、それを右クリックし、ドロップダウンメニューから「フォーマット」を選択します。フォーマット選択

  • ステップ 4. フォーマットのウィンドウで、SDカードのファイルシステムを選択します。SDカードは32GBを超える場合、NTFSまたはEXFATファイルシステムを選択したほうがいいと思います。他の場合、FAT32またはNTFSを選択することをお勧めします。フォーマット開始

    • ※補足:64GBまたはより大きいSDカード(microSDカード)をFAT32にフォーマットしたい場合、サードパーティ製のパーティション管理フリーソフトを使用することもいい選択です。

  • ステップ 5. 「クイックフォーマット」はデフォルトで選択されます。「開始」をクリックし、SDフォーマットを始めます。

通常、数秒後にフォーマットが完了します。そしてSDカードをデータ保存に使用することができます。

SDカードフォーマットできない

しかし、時には「このディスクは書き込み禁止になっています。」というエラーメッセージが表示されるかもしれません。こういう場合、SDをフォーマットする前に書き込み禁止を解除する必要があります。

書き込み禁止

SDカードの書き込み禁止を解除する方法

SDカードが書き込み禁止になってしまうことは大した問題ではありません。次は4つの方法を提供して、好みや必要に応じて、その中の1つを選んでSDカード(microSDカード)書き込み禁止を解除しましょう。

方法 1

まず、SDメモリーカードはロック状態かどうかを確認してください。SDカードにはロック機能がついており、カード側面のツマミをロック位置に移動させると、データの削除/上書きを禁止することができます。だから、この原因なら、ロックスイッチを上(アンロックの位置)にあげて、書き込み保護を解除してからSDカードのフォーマットを再試行してください。

注:SDカードをホストドライブに接続する前に、ロックスイッチが破損して、または緩くなっていて簡単にロックの位置になってしまう場合があります。その場合、カードを交換する必要があります。

方法 2

ウイルス対策ソフトウェアを使用してSDカードを全面的にスキャンします。ウイルスに感染すると、書き込み禁止エラーが発生する可能性もあります。

方法 3

Diskpartユーティリティーを使用してSDカードの書き込み禁止を解除します。詳しい手順は次のとおりです:

  • 1. 「Windowsキー」と「Rキー」を同時に押し、「ファイル名を指定して実行」に「diskpart.exe」と入力し、Enterキーを押し、管理者としてDiskpartを起動します。

  • 2. 「list disk」と入力、Enterを押し、パソコンに接続された全てのディスク(ディスク番号)が表示されます。

  • 3. 「select disk n」と入力、Enterを押し、SDカードを指定します。「n」はSDカードのディスク番号です。

  • 4. 「attributes disk clear readonly」と入力してEnterを押します。

  • 5. このプロセスが完了した後、SDカードをフォーマットできるはずです。

方法 4

システムレジストリを使用してSDカード書き込み禁止を解除します。

システムレジストリにおける不適切な変更が深刻なトラブルを起こすかもしれません。だから、この方法を行う前に、システムバックアップを作成したほうがいいです。システムバックアップの実行方法は?

  • 1. 「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力し、Enterを押して管理者権限でレジストリエディターを起動します。

  • 2. 以下のパスを見つけます:

    HKEY_LOCAL_MACHINE/SYSTEM/CurrentControlSet/Control/StorageDevicePolicies

  • 3. 「StorageDevicePolicies」の「WriteProtect(書き込み禁止)」の値を「0」にするか、又は「WriteProtect」というDWORD値を削除すればいいです。

そして、SDカードの書き込みやフォーマットを実行できるはずです。Windowsに内蔵されているツールを使用する他に、サードパーティ製のソフトウェアを使用してSDカードを直接フォーマットすることができます。

パーティション管理フリーソフトでSDカードをフォーマット

AOMEI Partition Assistant Standardを使うと、書き込み禁止があるかどうかにかかわらず、SDカードをフォーマットできます。この使いやすいHDDフォーマットソフトは直感的にわかりやすいインタフェースがあるので、初心者でも書き込み禁止があるSDカードを迅速かつ簡単にフォーマットすることができます。

メモリカードをフォーマットする詳細な手順は次のとおりです:

1. AOMEI Partition Assistant Standardを無料でダウンロードし、インストールし、起動します。

こちらからダウンロード

2. SDカードを右クリックして「フォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

3. フォーマット画面でファイルシステムを選択し、必要ならばパーティションラベルを入力できます。クラスターのサイズを確認し、問題なければ、「はい」をクリックします。

ファイルシステムを選択

ファイルエクスプローラーと違って、64GBまたはより大きいパーティションをFAT32にフォーマットできます。

4. 最後は「適用」をクリックし、フォーマット操作を実行します。

適用

SDカードのフォーマットだけでなく、AOMEI Partition Assistantの無料版は他の有用な機能を沢山持っています。例えば、それを使用してSDカードをコピー、チェックし、パーティションのサイズを変更するなどもできます。

ヒント:また、データを失うことなく、連続していない未割り当てをパーティションと結合、OSをSSDまたはHDDへ移行、MBR形式とGPT形式の間でディスクを変換するなど、より高度な機能が必要である場合、PC向けのAOMEI Partition Assistant Professionalおよびサーバー向けのAOMEI Partition Assistant Serverエディションを試してみることができます。購入前に、体験版を無料でダウンロードできます。無料体験