Windows 7/8/10 OSをM.2 SSDに移行する方法

M.2SSDはSSDよりも遥かに高速な転送速度をしていて、この記事では、Windows 7/8/10でOSをM.2 SSDに移行する方法を紹介します。

M2 SSD

M.2 SSDとは

M.2は、PCI-SIGおよびSATA-IO標準化団体によって開発され、PCI-SIG M.2およびSATA Rav.3.2仕様で定義されています。以前は次世代フォームファクタ(NGFF)として知られていました。M.2 SSDは、システムボード上のM.2ソケットとM.2フォームファクタにフラッシュマウントされたすべてのM.2 SSD(ウルトラブックやタブレットコンピュータなど)に、高性能なストレージを可能にするよう設計されています。より小さなフットプリントでより高い性能への道を導きます。だから、M.2SSDへOSをインストールすることは最もいい選択肢です。

なぜOSをM.2 SSDに移行したいのですか?

以前は、SSDは最小のフォームファクタでmSATAを使用していましたが、mSATAは1TBの容量まで合理的なコストで拡張できませんでした。したがって、M.2では、SSDをSATAコントローラを経由するのではなく、PCI-Eバスに直接接続することができます。

SATAコントローラをバイパスすることにより、M.2 SSDはドライブ自体の速度とそれが使用したPCI-Eレーンの生成/数によってのみ制限されます。たとえば、4つのPCI-E2.0レーンを使用すると、M.2ドライブは理論的に2GB/sの最大スループットを持つことができます。

これを視野に入れてみると、SATA IIIの制限600MB/sよりも3倍以上高速です。したがって、多くのWindowsユーザーは、パフォーマンスを向上させるためにHDDをM.2 SSDにクローンしたいと考えています。

HDD全体をクローンすることは、確実にHDDからM.2 SSDにWindows OSを移行する方法です。これは、M.2 SSDがソースHDDよりも大きい場合に有効です。ただし、M.2 SSDにOSを含める機能しかない場合はどうなりますか?SSDをOSに使用し、HDDをストレージに使用したい場合はどうしますか?OSだけSSDへ移行すると、多くのことに役立ちます。

M.2 SSDにWindows 7/8/10 OSを移行する方法

HDDからM.2 SSDにOSを移行する前に、PCで一般的に使用されているM.2 SSDの幅は22 mmですが、長さはさまざまです。例えば、22mm×30mm、22mm×42mm、22mm×60mm、22mm×80mm、22mm×110mm。

最初の2桁は幅(すべて22mm)を定義し、残りの桁は30mmから110mmの長さを定義します。したがって、M.2 SSDは2230、2242、2260、2280、および22110として指定されます。したがって、M.2 SSDは2230、2242、2260、2280と指定されています。

さらに、M.2のソケットには「Bキー」と「Mキー」の2種類があります。したがって、M.2 SSDを購入する場合は、注意深く選択する必要があります。

次に、OSをM.2 SSDに移行するのに役立つ専門的なソフト--AOMEI Partition Assistant Professionalを紹介したいと思います。これは、Windows 10でOSをSSDに移行できるだけでなく、Windows 7/8/8.1/XP/VistaなどのすべてのWindowsエディションでも役立ちます。次に、M.2 SSDにOSを移行する手順を説明します。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストールして起動します。左のナビゲーションバーで「OSをSSDに移行」をクリックします。

移動を選択

ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックして続行します。

次へ

手順 2. M.2 SSD(ここではdisk2)を宛先として選択し、「次へ」をクリックします。

SSDを選択

手順 3. バーを移動して、M.2 SSD上の新しいOSパーティションのサイズを変更し、「次へ」をクリックします。(M.2 SSDのOSパーティションは、デフォルトで古いディスクと同じサイズで作成されます)。

パーティションのサイズを変更

手順 4. 「完了」をクリックします。

完了

手順 5. 操作を有効にするには、「適用」をクリックしてください。Window to M.2 SSDを転送するプロセスは、短時間で完了します。

適用

これで、コンピュータを起動してアプリケーションをロードする速度が非常に速くなります。これは、M.2 SSDにOSを移行するメリットです。もちろん、ここではAOMEIパーティションアシスタントが重要な役割を果たしています。また、HDDからSSDにOSを転送する場合も、同じことができます。既に使用中のM.2 SSDを新しいものと置き換えるには、M.2 SSDからM.2 SSDへのクローンを参照してください。

その他に、AOMEI Partition Assistant Proには、「パーティションを消去」、「パーティションを拡張」などの便利な機能も数多く用意されています。もし、Windows Server版を使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Serverをお勧めします。