【おすすめ】Windows向け最高なPNY SSDデータ移行ソフトウェア|AOMEIパーティションアシスタント

PNY SSDの紹介

PNY CS1311、PNY CS2211、PNY CL4111、PNY OptimaおよびPNY EP7011を含むPNY SSDは、PNY Technologies Inc.によってリリースされたラップトップおよびデスクトップシステムのパフォーマンスを最適化するように設計された高性能ソリッドステートドライブです。PNY Techは、コンピューティング、ゲーム、デジタルイメージング、モビリティ業界のメーカーです。PNYには、異なるグループのSSDを使用することを目指す3つのSSDシリーズ、Consumer、Client、Enterpriseがあります。たとえば、HDDからのエントリレベルのアップグレードにはCS1311が適していますが、EP7011はクラウドストレージ用に特別に設計されています。

PNY SSDだけでなく、多くのブランドのSSDが市場に流通し、既存のHDDと交換しています。たとえば、多くのPCユーザーはOSを新しいSSDに移行する必要があります。SSDの最大の利点は、HDDに比べて読み書きが速いです。数年間の使用後、HDDをSSDに交換すると、まるでPCを新しいものみたいになります。また、PCには既にSSDが搭載されていますが、スペースが足りなくなるとSSDのデータ移行が必要になることがあります。さらに、SSDは今日では合理的な価格で提供されているため、コストがかかりすぎることはありません。とにかく、PNY SSDデータの移行を行うには、プロのツールが必要です。

PNY SSD

PNY SSD移行方法とソフトウェアの紹介

PNYデータ移行ツールを利用する主な目的は、既存のすべてのデータが失われないようにすることです。PNY SSDを使用するには、2つの方法があります。1つはPNY SSDにWindows OSをインストールして、すべての設定を最初からやり直しなければなりません。もう1つは、インストールされたOS、APP、作成されたファイルなどのすべてを現在のディスク(HDDまたはSSD)からPNY SSDに移動するだけです。明らかに、2番目の方法は、 より高速で効果的です。

AOMEIパーティションアシスタントプロ版 は、Windows 10/8/8.1/7/XP/Vistaなどに設計されたパーティション分割および移行ソフトウェアです。ディスクコピー機能を使用すると、Windowsをインストールしなくても、既存のディスク上のすべてのコンテンツをPNY SSDに移動できます。セクタ単位でコピーのみを使用するかどうかを決定するオプションもあります。それだけでなく、 HDDをより小さいSSDに移動することもサポートしています。PNY SSD移行ツールのデモ版を ダウンロードして試してみてください。

AOMEIパーティションアシスタントでHDDをSSDにコピー

1. まず、PNY SSDをPCに適切にインストールし、Windowsで認識できることを確認してください。AOMEIパーティションアシスタントをインストールして起動し、ディスクのコピーをクリックします。

ディスクのコピー

2. 必要に応じてコピー方法を選択します。たとえば、ディスクのコピーをすばやく実行します。次へをクリックします。

ディスクのコピー

3. 現在のHDDを元ディスクとして選択します。

ソースディスク

4. PNY SSDを宛先ディスクとして選択します。

宛先ディスク

5. もうすぐ終わりです。PNY SSD上のパーティションを自由に編集します。編集後、次へをクリックします。

編集

6. 仮想結果をプレビューし、適用をクリックすると、実際の結果が表示されます。

適用

コツ:

PNY SSDから正常に起動するには、完了後に古いHDDを取り外したり、BIOSのブート優先度を変更したりするべきです。以前のHDDをストレージとしてフォーマットすることをおすすめします。

PNY SSDのデータ移行プロセスは、思ったほど難しくありません。適切な移行ツールを見つける限り、簡単に完成します。必要に応じて、OSをHDDからSSDに移行することもできます。Windows 10/8/8.1を使用している場合は、Windows To Go Creator機能を利用してWindows OSを外付けHDDにインストールすることもできます。

ちなみに、AOMEIパーティションアシスタントは、このプロ版よりも機能が少ない無料のバージョンAOMEIパーティションアシスタントスタンダードを持っています。詳細については、このフリーソフトウェアをダウンロードして試してください。