Windows 10/8/7でUSB メモリーの書き込み禁止の解除

今のところでは、データ保存、コンピュータの間でのデータ移動、Windows To Goのワークスペースを作成 、ポータブルアプリケーションのインストールと実行、無線ネットワークに接続、ファイル(システム)のバックアップなんてのことを実行するには必要なUSBフラッシュメモリを我々はせめて一つ持っています。USBフラッシュメモリをよく使用するユーザーは以下のエラーメッセージを受けたことがあるかもしれません。

USBメモリをフォーマットする中のエラー

私はPenDrive(ペンドライブディスク)をフォーマットする時、「このディスクは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが表示されます。この問題を解決するために、いろいろな方法を試みましたが、はやり駄目です。今の状況は:USBメモリ書き込み禁止スイッチが付いてません。SanDisk Cruzer Edge USBの容量は8GB です。Windows 7 OSを使用しています。では、このUSBメモリの書き込み禁止についての問題を解決できるソリューションを教えてください!

書き込み禁止

USBメモリにファイルをコピーする中のエラー

Kingston DataTraveler 32GB USBフラッシュメモリにWindows 10 PCからファイルを移動する場合に、「このディスクは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが届きます。こんな状況ではUSBメモリ書き込み禁止を解除する、またはほかのメモリを使用するしかありません。今、私はUSBメモリにファイルをコピーするとか、USBメモリから新しいファイルを作成するとか全然できません。PC はWindows 8.1 からアップグレードされましたのです。いったいどうすれば、このUSBメモリ書き込み禁止を解除できるのですか?

ファイルをコピー

USBメモリの書き込み禁止とは何ですか

書き込み禁止 (読み取り専用/書き込み不可/読み込み専用とも呼ばれます) は、物理または仮想での禁止に分けるかもしれません。USBフラッシュメモリは新しく書かれたファイルまたは変更された古いファイルを保護するには書き込みを禁止することができます。すなわち、USBメモリ上に保存されていたデータしか読み取らなくて、 削除または変更するなんてできません。USBメモリ書き込みを禁止することで、データは偶然に上書きされ、消去されないと確認できます。

USBメモリの書き込み禁止を解除する方法

この記事を読んでいる貴方はきっと同じ問題に困っているでしょう。深呼吸をして平気にしてください!Windows 7でもWindows 8 またはWindows 10ても、ここではUSBメモリ書き込み禁止を解除してUSBフラッシュメモリの書き込みをもう一度有効にさせる、簡単なステップを紹介させていただきます。

ステップ1.USBメモリの書き込み禁止スイッチをチェックする

書き込み禁止の物理ロックスイッチ付きのUSBフラッシュドライブがあります。そのUSBメモリ上のロックスイッチの位置は違います。ロックスイッチが上がっていると確認しないといけません。もしロックされたら、USBメモリにファイルを転送できません。

USBメモリ

もしUSBメモリ上の書き込み禁止スイッチがオフのままで、まだエラーメッセージが届けば、またはUSBフラッシュドライブに物理スイッチがなければ、次の「ステップ2」を読み続けてください!

ステップ2.「DiskPart」ユーティリティでread-only(読み取り専用)属性を消去する

2.1.キーボードでキー「Windows+Rを押してポップアップで「diskpart」を入力してキー「Enter」を押してまたは「OK」をクリックして、DiskPartコマンドプロンプトを開きます。

diskpart

2.2.以下のコマンドを一つずつ入力し、「Enter」を押す:

  • list disk」- コンピュータに接続されるあらゆるディスク(内臓ハードドライブも)が表示されます。

  • select disk n」- n はUSBフラッシュメモリの番号です。サイズカラムでどちらがUSBフラッシュドライブですか識別できます。

  • attributes disk clear readonly」- USBメモリの属性を変更して読み取り専用を無効にする。

ディスク

2.3.「DiskPart」コマンド・プロンプトを閉じてUSBフラッシュドライブを再挿入して、そして、USBメモリ書き込み禁止が解除かチェックします。もしそうでなければ、次のステップを試してください!

ステップ3.レジストリを編集する

3.1.キーボードでキー「Windows+Rを押してポップアップで「regedit」を入力してキー「Enter」を押してまたは「OK」をクリックして、「Registry Editor 」を開きます。

レジストリを編集

3.2.左側のペイン上の目次を展開して次のパスに移動する:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

3.3.右側のペインで「WriteProtect」をダブルクリックしてまたは右クリックして「Modify」を選択します。ポップアップで、「Value data 」は1 に設定されていることに気づくかもしれません。すなわち、使用中のコンピュータはUSB ストレージデバイスの書き込み禁止を有効にさせていることです。この読み取り専用属性を無効にさせるには、その「 」から「」に変更して「OK」をクリックして適用します。

値を変更

3.4.「Regedit Editor」を閉じてコンピューターにUSBメモリをもう一度接続すると、USBメモリの書き込み禁止が解除されたことが見えます。もしそうではないと、「ステップ4」を読み続けてください。

ステップ 3のヒント:

  • Control」フォルダーの下には「StorageDevicePolicies」フォルダーがなければ、「Control」フォルダーを右クリックして「New」->「Key」を選択します。それに「StorageDevicePolicies」を名付けて開きます。

新規のキー

  • 右側のペインの空白を右クリックし、「New」->「DWORD (32-bit) value」を選択します。「WriteProtect」で名前を付けます。そしてそれをダブルクリックして「Value data 」は「」に設定されたかどうかを確認できます。

書き込み禁止の値の変更

ステップ4.無料のパーティション管理ソフトでUSB メモリをフォーマットする

もし以上のステップをすべて試みてから、USBメモリから書き込み禁止属性を消去できなければ、USBドライブをフォーマットする必要があります。では、書き込み禁止のUSBメモリを簡単にフォーマットする方法は?

AOMEI Partition Assistant StandardWindows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、VistaとXPの32 ビットまたは64 ビットを実行しているコンピューター向けの無料のパーティション管理ソフトウェアとディスクの管理ツールです。このソフトウェアはHDD、SSD、SSHD、外付けHDD、USBフラッシュメモリ、SDカードなどを含むディスクのすべての種類をサポートしています。それで簡単かつ迅速にUSBメモリをフォーマットすることができます。

注:USBメモリをフォーマットすると、すべてのデータが削除されます。したがって、お使いのコンピューターに USB ドライブからあらゆるデータをバックアップするか確認します。

4.1.AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストールおよび起動します。USB メモリのパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションのフォーマット

4.2.ポップアップウィンドウで「パーティションラベル」を編集してUSB フラッシュドライブに名前を付けたり、ファイルシステムを変更したりできます。既定では、USB ドライブは互換性があるFAT32(形式)にフォーマットします。ただし、単一のファイルサイズは4 GB以上ではだめだということはFAT32の制限です。もしUSBフラッシュドライブにより大きいファイルを保存したければ、メモリをNTFS(形式)でフォーマットする必要があります。そして「 はい」をクリックして続行します。

フォーマット形式

4.3.ここまでUSBメモリはまだフォーマットされていません。変更を保存するには、「適用」をクリックする必要があります。

適用

フォーマットの進行状況には時間があんまりかかりません。勿論、USBメモリ上のデータは多ければ多いほど、フォーマットの時間は多くかかります。もしUSBドライブは物理損傷がないと、正常にフォーマット化されてクリーンされて、書き込み可能になります。その上、AOMEI Partition Assistantは、USBメモリ上のボリュームを縮小して2番目のパーティションを作成すること、データ損失なしでUSB のNTFSとFAT32(格式)を変換 することもサポートします。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!