SSDをOS(のみ)用に設定する最高の方法

SSDはソリッドステートドライブの略称です。ご存知のように、SSDはHDD(ハードディスクドライブ)より速いです。そのため、SSDをOS(のみ)用に設定するのはロード速度を大幅に向上させます。現在、SSDの価格はHDDより高いですが、容量の小さなSSDを購入することができます。その価格は比較的安いです。例えば、64GBのSSDを購入し、それをOS(のみ)用に使用するのは十分です。余裕な予算がある場合、他のSSDをゲーム、または読み書きの高速を必要とする他のプログラム用に購入することもできます。

初めてSSDディスクでコンピューターを構築する場合、SSDを接続してSSDドライブにWindowsを直接インストールすることができます。OSは既にHDDにインストールされた場合、例えば、OSをHDDからSSDに転送するのはコンピュータを最適化できます。OSを再インストールしたくない時どうすればいいですか?ひとつの方法は複雑なコマンドラインでそれを完成することです。あるいはまずOSをバックアップし、そしてSSDにそれを復元します。しかし、ここでは別の方法を強く推薦します。それはAOMEI Partition Assistant Professionalを使用してSSDへのOS移行を実現することです。この機能はSSDの4Kアライメントもサポートします。

ステップ 1. まずは、SSDをコンピュータに挿入します。公式サイトからAOMEI Partition Assistant Professional版をダウンロードし、インストールして起動します。左側のウィザードパネルで「 全てのツール」⇒「OSをSSDに移行」をクリックします。

OSをSSDに移動

ステップ 2. そしてポップアップで「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 3. 次の画面で未割り当て領域(SSDディスク)を選択して「次へ」をクリックして継続します。

未割り当て領域

ステップ 4. ここでは、値を入力するか、または直接ドラッグしてターゲットパーティション(移行先)のサイズを調整できます。また必要ならばドライブ文字を変更することもできます。

パーティションのサイズを変更

ステップ 5. OSブートに関する注意点をよく読んだあと、「完了」をクリックします。

完了

ステップ 6. すると、メイン画面に戻り、「適用」をクリックして変更を実行します。

適用

AOMEI Partition Assistantの助けを借りて、SSDをOS(のみ)用に設定するのはより簡単になります。速い実行速度を確保するために、数ヶ月ごとにSSDディスクの容量を解放する必要があります。このソフトウェアでパーティションを最適化する操作を沢山実行できます。実用的な機能:パーティションの移動、すべてのパーティションの削除、パーティションの分割、パーティションの拡張などです。それは使用に安全で、データ紛失を起こしません。

Windows 8の普及とともに、AOMEI Partition Assistantを使用してUSBドライブから起動するWindows 8ポータブル版を作成することができます。それは「Windows to Go Creator」です。OSをSSDに転送する前にAOMEI Backupperでバックアップを行うこともできます。

Is this information helpful?

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!