SSDディスク領域を解放する方法

SSDを持つコンピューターはより速くて頼もしいです。しかし、ご存知のようにSSDの価格はHDDよりはるかに高いです。そのため、一般的な状況でほとんどのユーザーはニーズを満たすことを前提としてできるだけ小さなSSDを選択します。小さなサイズのSSDを使用すると、それは遅かれ早かれ容量不足になるかもしれません。SSDをワイピング(SSDの消去)、SSDを最適化、または次の方法に従ってより多い領域を解放してディスク容量を最大限に活用できます。時にはファイルを削除するのがそれを完全に消去することを意味しません。SSDのTRIMはデータを完全に消去するのに役立つかもしれません。

SSDのディスク領域を解放する一般的な方法

SSDの領域を解放するのはその読み書き速度をある程度向上させます。HDDにとってもそうです。多くのユーザーは、いったい何がこんなに沢山のSSDの容量を占めるかを考えているかもしれません。実際に多くのユーザーはOSをインストールした後、多くの領域を見つけることができません。多くのスペースは沢山の異なる機能に占有され、それらの一部は使用に必要ではないかもしれません。次のソリューションを使用してSSDディスク領域を解放できます。

  • Windowsドライバーとシステムの復元を無効にします

お使いのOSと他のより高度な機能にとても満足しているユーザーはシステムのプロパティにアクセスし、システムの保護でディスク領域を使用する最大使用量を無効にすることができます。この領域はシステムに使用されてプログラムのインストール、ドライバ、またはアップデート(通常、システム回復に使用されます)を追跡します。このスペースのデフォルト設定はOSの5%です。完全にそれを無効にするのは可能ですが、プログラムを削除、何かを更新するのを回避するために、セーフモードは良い方法で、物事をうまくいくのを確保できます。

システムの保護

  • ごみ箱を減らします

デフォルトでごみ箱の最大サイズはドライブの10%です。ごみ箱のプロパティに入ってそれを必要とするサイズに変更できます。これは、特に小さなSSDドライブ(例えば120GB)のために一部のストレージスペースを解放できます。更に、十分な自信を持っている場合、それをゼロにリセットすることができます。でも、ごみ箱が不可欠であると思うユーザーにとって、この方法は不適切です。

ごみ箱
  • ハイバネーション(Hibernation)

ハイバネーション(Hibernation)は、コンピューターを一時に使用しない時コンピューターの電力を節約するようにデザインされます。ハイバネーションのディスク容量はシステムにインストールされたメモリと等しいです。例えば、20GBメモリがあるならハイバネーションも20GBを占有します。64GBのような大きなメモリがある場合、ハイバネーションも64GBで、それは空き領域に影響を与えます。そのため、SSDを使用する時、ハイバネーションを使用するかどうかをよく考えてみてください。

  • OSをSSDに移行します

コンピューターの速い速度が欲しいですがSSDの価格は高いです。それに、より大きなサイズが必要である場合、より多いコストがかかります。この問題を解決するために、OSだけをSSDに移行することができます。他のファイルをHDDに保存します。それはSSDディスク領域を解放するのに役立ちます。

サードパーティ製のソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalはパーティション管理を専攻し、データ損失なしでOSをSSDに移行することができます。

行う前に:

  • 移行先のSSDに現在のOSパーティションと等しいか又はより大きい未割り当て領域があることを確認してください。
  • MBRディスクからGPTディスクにOSを移行しようとする場合、マザーボードはEFIまたはUEFIブートをサポートすることを確認してください。

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロードし、インストールして起動します。左側の「全てのツール」⇒「OSをSSDに移行」をクリックします。

OSをSSDに移動

ステップ 2. ポップアップで「次へ」をクリックします。

次へ

ステップ 3. 次のウィンドウでSSD上の未割り当て領域を移行先として選択します。そして「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ 4. このウィンドウで、バーを左または右に移動してSSD上の新しいパーティションのサイズを決めることができます。そして「次へ」をクリックします。

新しいパーティションを作成

ステップ 5. OSブートについての注意点を読んだ後、「完了」をクリックします。そして主なインターフェースに戻ります。

完了をクリック

ステップ 6. この操作を実行したい場合「適用」をクリックしてください。

適用をクリック

ノート:

  • 操作はシステムパーティションと関係がある場合、PreOSモードで完了します。
  • MBRとGPTディスク間でOSを移行する場合、OS移行が完了する時、BIOSに入ってブート設定を変更してください(ブート設定について、マザーボードのコンピュータマニュアルを確認してください)。
  • 宛先ディスクの上に未割り当て領域がない場合、不要なパーティションを削除、または大きなパーティションを縮小していくつかの未割り当て領域を生成できます。

以上の方法は、SSDがいっぱいになった後の是正措置です。しかし、事前に「どのサイズのSSDを買うのか」を読んで不適切なSSDを購入することを避けることができます。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!