By ゆき / 最後の更新日時 August 6, 2019

SSDをシステム用に、HDDをデータ保存用に使用する利点

OSをより速く実行させるために多くの人はSSDを取得してお使いのOSをそこに保存します。私も同じことをするでしょう。現在、古いHDDからプログラム(例えばMalwarebytes、ゲーム、Ventrilo)を使用したい場合、不足しているDLLファイルまたはアクセス許可のような問題が発生します。私はアクセス許可の問題を既に解決したと思いますが、今の質問は:

どのようにこれらの問題なしにOSをSSDに、すべての他のプログラムをHDDに実行しますか?ユーザーフォルダの移動について、いくつかのことを見ました。それは以上の問題を修正できるかもしれません。私は再インストールも嫌です。もし、可能であれば、HDDの上に既に存在したすべてを動かし続けたいです。SSDは沢山のものをサポートできますが、そこに特定のものだけを保存、HDDにスーパースピードを要求しないものを残したいです。

これはPCユーザーがスーパーユーザーフォーラムで提出した「SSDをシステム用、HDDをデータ保存用」の典型的な問題です。実は、彼がOSをSSDにインストールする1つの利点を指します:より速いスピードです。HDDと比べて、より速い実行速度はSSDの最大の優位とみなされます。しかし、SSDは他の利点もあります。ただしそれらに気づかないかもしれません。従来のHDDと比べて、SSDは低消費電力スタンバイ、無音走行、低い動作温度などの機能を備えています。それらはOSに障害が発生する時、より深いレベルの保護を提供できます。それにもかかわらず、SSDのサイズはHDDより比較的小さいです。それはSDをシステムだけ用、HDDをデータ保存用として使用したほうが良い原因です。

WindowsでSSDをシステム用、HDDをデータ保存用として使用する方法

ユーザーは自分のニーズに基づいて異なるソリューションを選択するかもしれません。PCはまっさらで、ゼロからOSをインストールしたいなら、そのインストールディスクでOSをSSDにクリーンインストールしたほうがいいです。そしてHDD上のシステムパーティションをフォーマットしてディスク容量を解放します。

ヒント: Windows環境でシステムドライブをフォーマットできないかもしれません。クリックして「システムパーティーションをフォーマットすることは許可されていません」というエラーを修正する方法を学びます。

他の状況は、パソコンを長年使用した後、すべてを再インストールしたくないことです。例のユーザーのようにすべての重要な好きなプログラムは適切にインストールされました。速い速度を要求したいくつかのアプリケーションとOSだけを新しいSSDに移動したいです。間違いなく、ユーザーフォルダの移動はSSDにOSを移行するのに役立ちません。それどころか、その操作はシステムの乱れを起こすかもしれません。

すなわち、元々Cドライブに保存したレジストリエントリ、DLLを含むすべてのWindows情報を今、他のパーティションに移動しますが、Windowsはそれを知りません。最高の方法はAOMEI Partition Assistantを使用してシステムと関するすべてのデータをSSDに移動することです。それは正常な起動を確保できます。

AOMEI Partition Assistant StandardはOS移行およびHDDフォーマットの無料ソフトウェアであり、SSDをシステム用に、HDDをデータ保存用に使用するのに役立ちます。それはPCベースWindows 10/8/8.1/7/XP/Vistaをサポートします。理論的に、最初「OSをSSDに移動」機能でOSをHDDからSSDに移動し、そしてこの同じソフトウェアで以前のシステムドライブをフォーマットします。

このフォーマットされた部分を別の用途に使用できます。さらにこのソフトウェアはその高度な技術でSSD上のパーティションを自動的に整列できます。システムとプログラムを再インストール、または再構築する必要がありません。それをダウンロードして試してください。

AOMEI Partition AssistantでSSDをシステム用に、HDDをデータ保存用に設定します

1.PCにSSDを正しくインストールし、Windowsはそれを検出できることを確認してください。AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側のウィザードペインで「OSをSSDに移動」をクリックします。そして次のポップアップで「次へ」を選択します。

OSをSSDに移動

2.OSのために直接使用しようとする新しいSSDを選択して「次へ」をクリックします。

新しいSSDを選択

3.SSD上のシステムパーティションをリサイズするオプションがあります。また望むならドライブ文字を変更することもできます。ボックスに特定のパーティションサイズを入力するのも利用可能です。

システムパーティションをリサイズ

4.この注意は参考になるかもしれません。それに気をつけてください。そして「完了」をクリックします。

注意

5.最後、「適用」をクリックして保留中の操作を実行します。コンピューターを再起動する必要があるかもしれません。それで再起動モードでこのタスクを完成します。

適用

ここまで半分は完了しました。以前のシステムドライブは完全にSSDに移動され、移行後Fドライブとして表示されます。今、SSDから正常に起動できるかどうかをテストします。BIOSで最初の起動順位をSSDに変更するかHDDを取り外して試験します。後者の方法はテストをより徹底的に行わせることができます。

テストの後、次行う必要がある作業は、HDD上の古いシステムドライブCをフォーマットすることです。Windows環境でシステムドライブをフォーマット、削除、または変更できません。そのため、同じソフトウェアAOMEI Partition Assistantの助けを借りてこれを完成する必要があります。

「ブータブルメディアの作成」ウィザードを介して起動可能なデバイスを作成し、そしてWindows PEモードでCドライブをフォーマットできます。起動可能なデバイスはUSBスティックまたはCD/DVDになれます。スクリーンショットがある詳細な手順について、上述した「システムパーティーションをフォーマットすることは許可されていません」のガイドを参照してください。

ヒント:この方法は1つだけのドライブベイがあるノートPCに適用しません。こういうPCはSSDをシステム用に、HDDをデータ保存用に使う配置を実現しにくいです。ノートパソコンでSSDを古いHDDに置き換えたい場合、「SSDへHDDクローンフリーソフト」を参照してください。

結論

SSDをシステム用、HDDをデータ保存用として使用するのはデスクトップPCにとって最適な配置であるかもしれません。それは各種類のディスクの優勢を活用できます。幸いなことに、AOMEI Partition Assistantを使用すると、すべての複雑な操作を簡単に管理できます。PCにそれを保持するなら、将来このオールラウンドソフトウェアは多くの実用的な問題を解決できます。例えば、システムドライブは容量不足になる時、Cドライブを隣接しない容量に拡張できます。それは複数のリムーバブルデバイスをサポートするので、Lexar USBのフォーマットまたはSanDisk USBフラッシュドライブの消去は簡単です。