By ゆき / 最後の更新日時 August 6, 2019


従来のHDDと比べて、SSDは速いデータアクセス、低消費電力、弱いノイズィーなのでユーザーを引き寄せます。そのため、最近SSDディスクはよりいい性能を探すユーザーの中で人気が高まっています。人々はSSDを買う時、SSDの性能および容量に関した沢山のことを考える必要があります。例えば、NANDメモリの材料、メモリコントローラ、インタフェース、SSDのファームウェア管理です。これらの要因の他にSSDのサイズも多くのユーザーに考慮されます。適切なSSDのサイズを選択するために、次の点に注意する必要があります。

従来のHDDは回転するプラッターにデータを保存しますが、SSDはNAND型フラッシュメモリを使用して、メモリーチップにデータを保存します。SSDは可動部品がないのでデータをより効率的かつ迅速にアクセスできます。それに加えて、他の違いはSSDの価格がHDDより高いです。ほとんどの人は多いストレージ容量を求めますが、全てのことを考える必要があります。つまり、お金を考慮に入れる必要があります。より大きなサイズがほしければ、払う必要があるお金も多いです。異なるサイズを持つSSDの価格はかなり違います。適切なサイズを選択するのは賢いです。

ご存知のように、SSDは速いデータアクセスおよび起動速度を持っています。速いスピードの要求を満たすために多くのユーザーはSSDを選択します。SSDを使用するつもりの時、SSDで何をしたいですかを確認する必要があります。例えば、デュアルドライブを構成するのにSSDを使用します。つまり、現在のOS、常に使用されたドキュメント、頻繁に使用されたアプリケーションとページファイルを保存できるSSDだけが必要です。他のデータはHDDに保存されることができます。この方法で、主なデータはSSDに保存されて、データアクセスおよびブート時間を加速できます。しかし、SSDでHDDを切り替えたい場合、必要な容量はどのぐらいですか。その点を明らかに知っている必要があります。必要なサイズ以上のSSDを買う必要がありません。

SSDの大きさを選択する時、現在のHDDと同じサイズを選択したほうがいいです。もしその価格はちょっと高いなら現在のHDDを見てください。お使いのHDDの半分は空きである場合、より小さなSSDを購入して、デュアルドライブの構成を使用できます。しかし、新しいコンピューターを購入した場合、512GBのSSDの価格は高いですが、コンピューターにHDDをインストールし、そしてより大きなSSDでそれを切り替えるより、すぐにSSDを買うほうが安いです。小容量SSDを購入した場合、何の問題がありません。その後、特別なソフトウェアを使用して、小容量SSDを大容量SSDにクローンできます。

SSDを購入する時、SSDのサイズだけでなく他の考慮すべきことはTRIMです。それを使用すると、OSはSSDにどのブロック上のデータがもはや有用ではなくて、それらを消去できることを伝えられます。MLCおよびSLCはフラッシュメモリーの2つの種類です。MLCはより広く使用され、より安いですが、書き換え回数が少ないです。SLCは価格がより高いですが、より速くて、頼もしくて、より長い寿命があります。フラッシュメモリーを限られた回数で書き込むことができるので、SSDは限られた寿命を持っています。そのため、寿命も考えた必要がある因子です。ちなみに、SSDを購入した後、専門のSSD最適化ソフトウェアを使用して、SSDを最適化できます。それはSSDのメンテナンスに役立ちます。

SSDを選択した後、SSDにOSをインストールする方法を見つけます。多くのユーザーに使用された一般的な方法はSSDにOSを再インストールすることです。この方法は複雑であるかもしれません。幸いなことに無料AOMEI Partition Assistant Standardはシステムを再インストールせずにOSだけをSSDに移動できます。

OSをSSDに移動