修正:Windows 10/8/7のDiskpartのCleanコマンドエラー

Windows 10/8/7でDiskpartユーティリティを使用してHDDをCleanするときにエラーメッセージが表示された場合は、この記事を参照して、対応する方法で異なるエラーを修正しましょう。

3種類のDiskpart Cleanエラー

DiskPartコマンドは、HDDまたはUSBメモリを簡単にCleanまたはフォーマットするのに役立つ強力なWindows組み込みユーティリティです。ほとんどの場合、HDDまたはUSBメモリはDiskpartユーティリティの助けを借りて正常にCleanすることができます。しかし、いくつかのエラーのためにディスクのClean操作を完了できない可能性があり、以下に4つの一般的なエラーがリストされています。

  • Diskpartにエラーが発生しました:アクセスが拒否されました。

  • DiskpartにI/Oデバイスエラーが発生しました。

  • Diskpartにエラーが発生しました:メディアが書き込み禁止になっています。

Diskpartに発生した差分エラーを効果的に修正します。

3つの一般的なDiskpart Cleanエラーが前の段落で説明されているので、対応する解決方法は次のテキストで示されます。

アクセス拒否エラーを修正

Diskpartでエラーが発生した場合は「アクセスが拒否された場合は、HDDまたはUSBメモリが許可されていないかブロックされていると考えられます。」というメッセージが表示されます。

最初に、システムイベントログをチェックして詳細情報を得ることができます:「開始」をクリック>「eventvwr」を入力>「Enter」を押し>「Windows ログ」をクリック>「システム」をクリックしてから「REDサークルのエラー」を発見できます。それから、「one」をクリック>「詳細と一般」テーブルを選択すると、より詳細な情報が得られます。コマンドプロンプトを管理者として実行していないことがあります。次に、「cmd」とタイプして 「Ctrl + Shift + Enter」を押すと、コマンドプロンプトが管理者として実行されます。

I/Oデバイスのエラーを修正

I/OデバイスのエラーによりDiskpartのクリーンアップが失敗した場合、不適切な接続、互換性のない転送モード、HDDまたはUSBメモリの損傷などのさまざまなイベントによって発生する可能性があるため、複雑です。したがって、まずデバイスの接続を確認する必要があります。デバイス接続が正常であることを確認したら、Diskpartを使用してデバイスをもう一度Cleanすることができます。「DiskpartにI/Oデバイスエラーが発生した」というエラーメッセージが表示された場合は、デバイスの転送モードが正しいか、デバイスに問題があるかどうかを検討することがあります。以下の手順で対策を講じてください。

1. 「Windows + R」を押し、「devmgmt.msc」と入力してデバイスマネージャに入ります。

2. 次に「IDE ATA/ATAPIコントローラ」をクリックして展開します。

3. Cleanが必要なデバイス(通常はセカンダリIDEチャネル)が接続されているチャネルを右クリックします。

4. 適切なデバイスの「転送モード」ボックスで「PIOのみ」を選択します。次に、「OK」をクリックしてすべてのウィンドウを終了します。

5. コンピュータを再起動し、エラーが修正されているかどうか観察します。

問題が解決しない場合は、次の手順でデバイスを確認してみてください。「コンピュータ」をダブルクリック>「ターゲットドライブ」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。「ツール」タブをクリックし、「確認」アイコンをクリックします。次に、I/Oデバイスエラーの原因となるファイルシステムエラーまたは不良セクタが修正されます。

メディア書き込み禁止エラーを修正

エラーメッセージDiskpartでエラーが発生した場合: メディアが書き込み禁止になっていれば、デバイス上のファイルを削除または書き換えできないことを意味します。ドライブをCleanする場合は、このエラーを修正する必要があります。

お使いのデバイスが物理的な読み取り専用スイッチを所有するUSBメモリの場合は、スイッチをチェックして「オフ」にします。その後、DiskpartでUSBメモリをCleanまたはフォーマットすることができます。そうでない場合は、この操作をスキップして、以下のトーンまたはその他のソリューションを試すことができます。

解決策 1: Diskpart経由の書き込み禁止を無効にする

1. 「Windows + R」を押し、ポップアップボックスに 「diskpart」と入力します。その後、 「Enter」キーを押します。

2. 次のコマンドを入力して、Enterキーを押してください。

「list disk」>「select disk n(ここで、nはターゲットディスクの番号です)」>「attribute disk clear readonly」

読み取り専用

解決策 2: レジストリを編集

1. 「Windows + R」を押して 「regedit」と入力します。 次に、「Enter」を押します。

2. 次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePoliceies

3. 「WriteProtect」キーをダブルクリックし、ポップアップウィンドウで値を0に変更します。 「OK」をクリックします。

値を0に変更

解決策 3: プロフェッショナルなサードパーティ製のソフトウェアを使用

2つのソリューションが無効な場合、このエラーは、ファイルシステムが破損していると考えられます。このような状況では、信頼できるサードパーティのソフトウェアでドライブをフォーマットすることをお勧めします。詳細な手順については、以下を参照してください。

手順 1. サードパーティのソフト--AOMEI Partition Assistant Standard無料でダウンロードして起動します。

手順 2. フォーマットするドライブを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

フォーマット

手順 3. ファイルシステムとクラスタサイズを決定して、「はい」をクリックします。

ファイルシステムを選択

手順 4. メインのユーザーインターフェイスで操作を完了するには、「適用」をクリックします。

適用

注意:

  • 書式設定にかかる時間は、HDDまたはUSBメモリのデータに依存します。

  • AOMEI Partition Assistantはデータを失わずにexFATからNTFSに変換することもできます。

  • フォーマット後、このディスク管理ツールでHDDをCleanすることができます。

まとめ

Diskpart Cleanエラーが表示されたら、落ち着いて、さまざまなエラーメッセージに従って対応する対策を講じてください。まあ、サードパーティ製のツールを使ってHDDをCleanしたり、Windows 10/8/7でフォーマットしたりするのも良い選択です。


Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!