Windows 7/8/10「sfc /scannow」で修復できない時の対処法9つ

Windows 7/8/10 PCが調子悪い時「sfc /scannow」コマンドを使って、システムファイルを修復させたいだが、修復できませんでした。この記事では、「sfc /scannow」で修復できない時の9つの対処法をご紹介します。

「sfc /scannow」とは

SFC(システムファイルチェッカーの略)は、Microsoft Windowsのツールで、C:\Windows\System32フォルダにあります。これにより、破損したWindowsシステムファイルをスキャンし修復できます。Windows Vista、Windows 7、Windows 10では、システムファイルチェッカーは重要なシステムファイルと共にレジストリキーとフォルダを保護するために使用されるWindowsリソース保護(WRP)と統合されています。

Windows Modules Installerサービス(TrustedInstaller.exe)は、WRPで保護されたリソースを変更できるWindowsリソース保護ファイルとレジストリキーへのフルアクセス権を持っています。なくなったか破損しているWRPリソースを修復するときに実行する必要があります。管理者はシステムファイルに対する完全な権限を持っていません。

Windows 7/8/10でシステムファイルチェッカーを実行する方法

手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、スタートメニューのリストから選択し、管理者として実行します。

手順 2. コマンドプロンプトで「sfc /scannow」と入力し、「Enter」キーを押します。

手順 3. プロセスには時間がかかります。このウィンドウを終了するまで待ってください。

リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした

注:この処理が完了した後、次のいずれかのメッセージが表示されることがあります。

▶ Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。

つまり、お使いのコンピュータには、紛失または破損したシステムファイルがありません。

▶ Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。詳細は...に含まれています。

つまり、問題はsfc.exeコマンドで解決されます。そして、何もする必要はありません。

▶ Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。

つまり、スキャンおよびオフラインスキャンコマンドの実行中に問題が発生します。

▶ Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復されませんでした。

つまり、sfc / scannowは破損したファイルを見つけることができず、何かする必要があります。

▶ Windowsリソース保護は、修復サービスを開始できませんでした。

▶ 保留中のシステムの修復があり、完了するには再起動が必要です。

▶ SFC ユーティリティをつかうには、管理者でコンソール セッションを実行しなければなりません。

Windows 7/8/10で「sfc /scannow」を実行して修復できない対処法

上記のように、「sfc /scannow」を実行して修復すると、状況に応じて異なるメッセージが表示されます。これから、修復できないそれぞれのメッセージによって修正方法を説明します。

エラーメッセージ:Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。

方法 1:chkdskコマンドを実行

手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、管理者として実行します。プロンプトが表示されたら、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

手順 2. コマンドプロンプトウィンドウで「「chkdsk C: /r」と入力し、「Enter」キーを押します。メッセージを読んだら「Y」と入力して「Enter」キーを押します。

Chkdskを実行

手順 3. コンピュータを再起動すると、エラーをチェックし、修正が始まります。その後、再度「SFC」を実行できます。

方法 2:セーフモードでSFC scannowコマンドを実行

手順 1. 安全モードでコンピュータを起動します。具体的には、Windows 7では、コンピュータを起動し、Windowsロゴを表示する前にF8キーを繰り返し押してから、「詳細ブートオプション」の「セーフモード」を選択できます。Windows 10では、Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックすることができます。

手順 2. 「コマンドプロンプト」を上記のように開き、管理者として実行します。

手順 3. システムの「PendingDeletes」と「PendingRenames」フォルダを確認します。

手順 4. コマンドプロンプトウィンドウで「sfc /scannow」と入力し、「Enter」キーを押します。

方法 3:セキュリティ記述を変更

「sfc /scannow」で修復できないエラーはWinSxSフォルダにアクセスできないため、発生することがあります。解決するには、WinSxSフォルダのセキュリティ記述を手動で変更する必要があります。

手順 1. 「CMD」を開き、管理者として実行します。

手順 2. 「ICACLS C:¥¥Windows¥¥winsxs」と入力し、「Enter」キーを押します。

変更Winsxsセキュリティの説明

手順 3. そして、コンピュータを再起動して、解決したかどうかを確認します。

エラーメッセージ:Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復されませんでした。

このメッセージが表示され、「sfc /scannow」で修復されないことを意味しています。この時DISMコマンドを使用して正常性を修復できます。

手順 1. 「CMD」を開き、管理者として実行します。

手順 2. 「Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力し、「Enter」キーを押します。

DISMでの復元

エラーメッセージ:Windowsリソース保護は、修復サービスを開始できませんでした

このエラーメッセージが表示された場合、Windows Modules Installerサービス(TrustedInstaller.exe)が無効になっていることを意味します。手動で有効にする必要があります。

以下に、2つの方法を示します。 使い慣れた方法を選択できます。

方法 1:サービス経由で「sfc /scannow」が実行しない問題を修正

手順 1. 「Win + R」キーを押して実行ウィンドウを呼び出し、「services.msc」と入力して「OK」を押します。

手順 2. 「Windows Modules Installer」を見つけてダブルクリックします。

Windowsモジュールインストーラ

手順 3. スタートアップの種類を手動に設定し、「OK」と「適用」を押します。

手動

方法 2:CMD経由で「sfc /scannow」が応答しない問題を修正

手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、管理者として実行します。メッセージが表示されたら、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

手順 2. 次のコマンドを入力し、それぞれのコマンドの後にEnterキーを押します。

sc config trustedinstaller start= auto

net start trustedinstaller

Trustedinstallerを起動

手順 3. 「sfc /scannow」コマンドを再度実行してください。

エラーメッセージ:保留中のシステムの修復があり、完了するには再起動が必要です。

これを修正するには、上記のようにDISMコマンドを試すことができます。うまくいかず、「DISMでは /Online オプションを使用してWindows PEをサービスすることはサポートされていません」と表示される場合、次の方法を試してください。

方法 1:別のDISMコマンドを実行

手順 1. 起動時に「CMD」を開き、管理者として実行します。

手順 2. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

dism.exe /image:c:¥ /cleanup-image /revertpendingactions
DISMは保留中のアクションを元に戻す

方法 2:保留中のシステム修復のレジストリキーを削除

手順 1.検索ボックスで「regedit」と入力します。

手順 2. レジストリエディタで、次のキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RebootPending

手順 3. 「RebootPending」キーを右クリックし、コンテキストメニューから「削除」を選択します。

手順 4. このウィンドウを終了し、「sfc /scannow」をもう一度試してください。

「sfc /scannow」で修復できない時一番簡単な対処法

                                         オススメのフォーマットソフトAOMEI Partition Assistant(無料) は、Windows 10/8/8.1/7/XP/Vista用に設計された、信頼性の高い全面的なディスク・パーティション管理ソフトです。これはパーティションのサイズ変更、パーティションの移動、拡張ボリュームの修正を無効にする、割り当てられていない領域をdドライブに追加するなど、もっと多くのことを行うために使用することもできます。

重要なのは、AOMEI Partition Assistantは、紛失か破損しているシステムファイルを復元するにも役に立ちます。また、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えて、「sfc /scannow」で修復できない問題を解決するには、わずか2つの手順でできますので、PC初心者でも楽に操作できます。こちらからダウンロード完全無料PRO版30日間無料体験Windows 10/8/7/Vista/XPをサポート
Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版もあります。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版と台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Technician版をお勧めします(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)。各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較

✂----------------------------------- 手順 -----------------------------------✂

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。

手順 2. チェックするパーティションを右クリックし、「詳細処理」下の「パーティションチェック」を選択します。

パーティションをチェック

手順 3. エラーをチェックする方式-「chkdsk.exeを実行してパーティションのエラーをチェックし、修正します」を選択して、「はい」をクリックします。

チェックオプション

手順 4. ウィンドウで「はい」をクリックしてチェックと修復を始めます。

まとめ

システムファイルチェッカーはMicrosoft Windowsの非常に便利なツールですが、「sfc /scannow」で修復できないこともあります。「Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした」、「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした」、「Windowsリソース保護は、修復サービスを開始できませんでした」などのエラーメッセージが出た場合は、上記に解決方法により、問題なく修復できるはずです。

また、無料のAOMEI Partition Assistantを使用してパーティションをチェックし、紛失か破損したシステムファイルを修復することもできます。これは、初心者にオススメの方法です。

このウェブサイトはクッキーを使用して、あなたが当社のウェブサイトで最高の経験を得ることを保証します。   もっと詳しく知る X