Windows To Go Creator

このウィザードを使用して、Windows To Go USBドライブを作成する場合、Windows 8企業版を購入する必要はありません。あなたは任意のコンピュータから起動し、Windows 8または8.1を使用したいところに取り外し可能なUSBフラッシュドライブまたは外付けHDD上でカスタマイズしたWindows 8または8.1をインストールすることができます。

 

USBメモリからWindows8または8.1を起動します

動作する前:作成処理のスピードを改善するには、USB 3.0ドライブだけでなく、USB 3.0ポートを備えたコンピュータを使用することをお勧めします。USBドライブおよび/またはポートが2.0である場合、それは長い時間かかります。 よく知られているように、Windows To GoがWindows 8と8.1の企業版のみで使用可能です。お使いのコンピュータシステムがWindows 8または8.1企業版ではない場合、Windows 8または8.1のブータブルUSBドライブをどのように作成しますか?Windows8または8.1企業版を購入したり、複雑で面倒なコマンドラインを使ったりしますか?それらのどちらも最良のチョイスではありません! 今、AOMEI Partition Assistantの新機能 - Windows To Go Creatorを使用して、USBドライブまたは外付けのUSBハードドライブから起動する完全な企業環境を展開することができます。AOMEI Partition Assistantを使用すれば、Windows 8または8.1企業版を購入する必要がありません。また、コマンドラインを使用する必要もありません。便利なウィザード(GUIベース)は、取り外し可能なUSBドライブにWindows 8または8.1をインストールする手順を案内します。

ハイライト:

  • パーソナライズWindows8または8.1のOSを保存して、互換性のある任意のデバイスの上でそれを使用します。
  • 同じPCでビジネスとホーム作業を使用する場合、それぞれを分離作業で使用できます。
  • 「独自のデバイス(BYOD)」が容易に動作するようになります。
  • 32 GB以上のUSBドライブを持つ必要がありません、わずか13 GBまたはそれ以上の容量が十分です。
Windows8または8.1ブータブルUSBドライブを作成する方法

スクリーンショット

   
  • Create Windows To Go
  • Create Windows To Go Process

この機能を使用して、パーティションやハードディスクを簡単に管理きます: