不良セクタのチェック
不良セクタが損傷され、データの書き込みや取得能力を失って、コンピュータのハードドライブに存在するセクタです。不良セクタが保存されたデータを破損するだけでなく、コンピューターの実行スピードを減速します。お使いのコンピュータのパフォーマンスを向上させるには、ハードディスクにエラーがないことを確認する「不良セクタをチェック」機能を使用することができます。 AOMEI Partition Assistant はまた、ディスクやパーティションの不良セクタをチェックする機能を提供しています。ただし、この機能はただ不良セクタをチェックしますが修復しません。不良セクタを修正する方法は沢山ありますが、最も効果的なのは独立した未割り当て領域に不良セクタを細分化または他の修復ツールを使用することです。
パーティションの不良セクタをチェックするには
ステップ1. チェックしたいパーティションを選択して、それを右クリックして、「詳細設定」->「パーティションチェック」をクリックします。
check bad sector
ステップ2. エラーをチェックする方法を選択して実行します。以下のスクリーンショットのように、三つの選択肢があります、最後の「パーティション上の不良セクタをチェックする」を選択してください。そして、「はい」をクリックして次のステップに続行します。
check bad sector
ステップ3. 「開始」 ボタンをクリックして確認します。
check bad sector
ディスクの不良セクタをチェックするには
パーティションのチェックプロセスとディスクのチェックプロセスはほぼ同じです、つまり、それらの操作手順がほぼ同じです。唯一の違いは、最初のステップです。
ディスクの不良セクタをチェックするときは、最初のステップは、チェックしたいディスクを右クリックして、その後、「不良セクタをチェック」を選択します。この操作の他のステップは、パーティションの不良セクタのチェックとすべて同じです。
check bad sector
注意:
ディスクのサイズによって、チェックプロセスが数分かかることがあります。