どのようにパーティションをチェックして、エラーを修正しますか?
重要なプロジェクトを研究してる大学院の学生が、通常の場合のように、彼のコンピュータが最悪のタイミングでクラッシュしました。彼は、データをバックアップして、ハードディスクを保存しましたが、彼はそれが何であるかを知らず、「巡回冗長」メッセージが出続けられました。その後、彼はインターネット上で検索して、それを知るようになりました。それは、ファイルのバックアップ処理中に表示されたら、ハードドライブまたはファイル内に不良セクタがあるということです。このような場合には、ディスクエラーをチェックして、それを修復することは非常に重要です。それ以外の場合は、はるかに悪いことが起こります。彼は、メッセージの正確な意味を知る前に、セーフモードで自分のコンピュータを起動するたびに、より多くのデータが失われてしまいました。バックアップする前にディスクをチェックしたら、災害が起こらないだろう。彼の状況では、彼のディスクにウイルスがあるかもしれません、ウイルスはまた、操作中にバックアップされました。
他のパーティション管理操作を実行する前にエラーをチェックすることは重要です
パーティションのリサイズ、パーティションの分割、パーティションのマージなどのパーティション操作を実行するには、事前にそのパーティションをチェックする必要があります。パーティションチェックの主要な機能は、ファイル・システム内のエラーを発見してデータの整合性を保証することです。プログラムは、チェックする時にパーティションにエラーがあると検出した場合、ファイルシステムが損害された可能性があります、その結果、あなたはそのパーティションのリサイズ/分割/マージなどの操作を順調に実行できません。パーティションのチェック機能の助けで、エラーをタイムリーに検出して、救済策を見つけることができます。 (ヒント:AOMEI Partition Assistant はエラーを見つけることができるだけでなく、それを修正することもできます。)
実行する前に
この機能は、フォーマットされたパーティションだけに使用できます。
AOMEI Partition Assistant がそれを検出した場合は、そのアプリケーションが誤って閉じられる可能性がありますので、パーティションをチェックする前に、使用中の余分なアプリケーションがないことを確認してください。また、できるだけ、エラーをチェックしている間に、コンピュータを他のタスクに使用しないでください。
ヒント: この操作は、パーティションの内容をそのままそチェックすることができます。
パーティションをチェックするには
無論、開始する前にAOMEI Partition Assistantを ダウンロードして、インストールして起動する必要があります。
ステップ1. チェックしたいパーティションを右クリックして 「詳細処理」 -> 「パーティションチェック」を選択します。
Check Partition
ステップ2. エラーをチェックする方法を選択します。3つの選択肢があります:
chkdsk.exeを使用して、パーティションをチェックしてパーティション内のエラーを修復する
chkdsk.exeを使用して、パーティション内のエラーをチェックする
パーティション上の不良セクタをチェックする
最初の選択肢はパーティションの間違った部分を見つけ出すだけでなく、それらを扱います。二番目の選択肢はエラーのみ取得しますが最後の選択肢は、単にパーティションに不良セクタがあるかどうかを表示します。最初から最後まで、要件がだんだん低くなります。そのため、時間が、だんだん短くなります。このケースでは、デフォルトのオプション(2番目の選択肢)を選択します。その後、「はい」をクリックして続行します。
Checking Methods
ステップ3.操作は数秒または数分以内に成功に完了されます。動作中に、ポップアウトウィンドウの処理バーに処理状況が表示されます。「はい」をクリックしてこのタスクを完了します。
Partition Checking
パーティションをチェックして修正するには
あなたはパーティションをチェックしたいだけでなく、パーティション内にエラーがあり、それを修正したい場合、上記のものとは少し異なりますので、次のステップを慎重に検討する必要があります。
パーティションを修復するステップはパーティションをチェックするステップとほぼ同じです。ただ、ステップ2はちょっと違います。ステップ2に進行すると、 「chkdsk.exeを使用して、パーティションをチェックしてパーティション内のエラーを修復する」を選択してください。他のステップは以上言ったと同じです。
Check and Fix Partition
注意:
ドライブ文字だけを持っているパーティションをチェックするには、 chkdsk.exeを使用することができます。ドライブ文字を持っていないパーティション、つまり、未割り当て領域の場合、チェックする前に、それをラベル化する必要があります。
ドライブのサイズによって、プロセスが数分かかることがあります。
「パーティション上の不良セクタのチェック」については、操作ステップは上記言った2つのとほぼ同じです。小さい違いは二番目のステップで「パーティション上の不良セクタをチェックする」オプションをクリックすることです。そして、「はい」をクリックしたら、操作を確認するウィンドウが表示されます。この時、「開始」ボタンをクリックしてください。その後、不良セクタの場所、経過時間などの詳細が表示されます。このオプションが三つの中の一番速いのです。また、ポップアップウィンドウで 「高速チェック」をクリックするとより速いスピードを取得できます。