一般的なFAQ

パーティション拡張ウィザードの一般的なエラーとソリューション

エラーコード1004: パーティションは、ウィザードでロックすることはできません。再起動して再試行ください、または、Partition Assistantのメインコンソールでパーティションのサイズを変更することができます。

Q: なぜパーティションをロックする必要がありますか?なぜパーティションをロックすることができませんか? A: データを保護し、データを統合するために、パーティションをロックすることは他のアプリケーションが動作中にターゲットパーティションを訪問することを回避できます。いくつかの状況では、パーティションをロックすることができません。主な理由は、ターゲットパーティションに実行してるシステムサービス、アンチウイルス、ファイアウォールまたは他のアプリケーションがパーティションをロックするPartition Assistantを防ぎます。

ソリューション:あなたはアプリケーションをチェックアウトして、シャットダウンしたほうがいいと思います(注:Partition Assistantを起動する前に、すべてのアンチウイルスプログラムまたは保護ソフトウェアを停止した方がいいと思います)。またはPartition Assistantのメインコンソールでパーティションのサイズを変更してください。ソフトウェアはパーティションをロックすることができないことを検出した場合は、ソフトウェアが再起動と要求して、操作はPreOSモードで完了されます。 (PreOSモードの詳細については、こちらをご覧ください)。

エラーコード 1029: ウィザードを使用してパーティションを拡張する時に一つ問題があります;あなたはPartition Assistantのメインコンソールでパーティションを拡張することができます。

Q: エラーコード1029の原因は?問題をどのように解決しますか? A: 原因は「拡張ウィザード」がパーティションをリサイズすることができないことです。

ソリューション: この問題を解決するには、Partition Assistantのメインコンソールでパーティションのサイズを変更することができます。パーティションのサイズを変更した後、「適用」をクリックして、動作を確認する際に、あなたはまた、「Shift」ボタンを押したまま、PreOSモードで操作を完了する必要があります。 (PreOSモードの詳細については、こちらをご覧ください)。

エラーコード1030:: プログラムは、ターゲットパーティションにはページングファイル(pagefile.sys)があることを検出しました。操作をコミットするには、まず、ページングファイルを削除してください。

Q: エラーコード1030の原因は?ページファイルをどのように変更しますか? A: ページファイルが原因です。パーティション拡張ウィザードがページファイルを含んでいる任意のパーティションを扱うことができません。

ソリューション: まず、サイズを変更するパーティションからページファイルを削除する必要があります。 (手順は:「コンピューター」を右クリック->「プロパティ」 ->「システムの詳細設定」->「パフォーマンスの設定」->「詳細設定」->「仮想メモリの変更。」)また、詳細については 「ページファイルを削除する方法」をご覧下さい。

Q: 私は、エラーの説明を受けました:「ウィザードがNTFSパーティションのみ拡張しますが、あなたのパーティションがNTFSではないことを検出しました」。どのように対処しますか?

A: 「パーティション拡張ウィザード」はFATやFAT32パーティションの直接なリサイズをサポートしていません。この問題を解決するには、まず、コマンドラインを使用して、NTFSにFATまたはFAT 32からパーティションを変換する必要があります、(ドライブ文字を変換:/fs:NTFS)または、Partition AssistantのメインコンソールでFATまたはFAT32パーティションのサイズを直接に変更してください。

Q: 私は、エラーの説明を受けました:「申し訳ありませんが、ディスクの空き領域は不足なので、プログラムがこのパーティションを拡張しません。我々はPartition Assistantのメインコンソールでパーティションを拡張することをお勧めします」。どのように解決しますか?

A: あなたが拡張したいパーティションは、ハードディスクの最後にある場合、このエラーが常に表示されます。この問題を解決するには、 Partition Assistantのメインコンソールでパーティションを拡張してください。

Q:私は、エラーの説明を受けました:お使いのシステムにはBitLockerボリュームがある場合は、BitLockerをオフにする必要があります、その後、再度パーティションを拡張することができます。また、我々はあなたがPartition Assistantのメインコンソールでパーティションを拡張することをお勧めします。

A:パーティション拡張ウィザードは任意のBitLockerボリュームのリサイズをサポートしていません。そのため、まず、あなたがBitLockerをオフにする必要があります。詳細については、 BitLockerパーティションに対処する方法をご覧下さい。

Q: 私は、エラーの説明を受けました:「ウィザードはGPTディスク上のパーティションの拡張をサポートしていません;Partition Assistant のメインコンソールでGPTパーティションを拡張することができます。」どのように解決しますか?

A: パーティション拡張ウィザードは任意のGPTハードディスクをサポートしていません。あなたはGPTハードディスク上のパーティションのサイズを変更したい場合は、Partition Assistantのメインコンソールでサイズを変更する必要があります。

Partition Assistantの一般的なエラーとソリューション

Q:二重システム(XPやWin9X)環境で、 XP環境でWin9Xのパーティションを移動/リサイズしますが、最後に、Windows9xを起動することはできません。 なぜですか?

A: Win9Xのパーティションがリサイズまたは移動することはできませんので、それはWin9Xの特性に直接に関連しています。また、それは、我々はあなたが古いWindows9xを移動/リサイズしないことを強くアドバイス理由です。それ以外の場合は、多くの問題が発生します。

Q: ボリュームをロックする時、プログラムが応答しません、どのように解決しますか?

A: ロックする前に、タスクマネージャを使用してプログラムを強制的に終了して、Partition Assistantを再実行することができます。前の操作をやり直すことができます。そして、ボリュームのロック問題を解決するには、「Shift」キーを押しながら、ツールバー上の「適用」ボタンをクリックします。

Q: 私は、パーティションのマージ中にエラーコード215を受けました、どのよう解決しますか?

A:この問題は、断片データまたはターゲット・パーティションに低い空き領域によって引き起こされます。ターゲットパーティション上には多くのフラグメントデータがあり、または、パーティションの空き容量が512mb未満である場合、あなたはこのエラーコードを受けます。この問題を解決するには、完全なデフラグを実行する必要があります (デフラグを実行する方法)。または、パーティションの縮小中に十分な空き領域を確保する必要があります。

Q: 私は、パーティションのマージ中にエラーコード43を受けました。

A: このエラーコードは、アクセスできないファイルが原因です。このタイプの問題を解決するには、Partition Assistant の「ログファイル」を開いて、アクセスできないファイルを見てけて、それらを別のパーティションにコピーしてください。

注意: 「PreOSモード」でこのエラーコードを受けた場合は、"C:\Windows\amlog"に進んで"ampa.log"というファイルを見つけてください。「Windowsモード」でこのエラーコードを受けた場合は、Partition Assistantのインストールファイルでログファイルを見つけることができます。

Q: 操作を完了した後、「コンピューター」で、私のドライブを見つけられません、どのように解決しますか?

A: 「コンピューター」でドライブを見つけられない場合、この問題はドライブ文字の失いによって引き起こされることがあります。この問題を解決するには、Partition Assistantを起動して、メインインターフェイスで、ドライブ文字を持っていない(パーティションは、ドライブ文字を持っていない場合、「*」と表示されます)パーティションを右クリックして、「ドライブ文字を変更」機能を使用してドライブ文字を割り当てます。

Q: 私はパーティションCを右クリックすると、「パーティションを分割」オプションと「パーティションを作成」オプションがグレーに表示されます、どのようにアクティブしますか?

A: この状況は、常にプライマリパーティションの数によって引き起こします。すでに4つのプライマリパーティションを持っている場合は、この問題を解決するために、論理パーティションにプライマリの1つを変更する必要があります(「プライマリ/論理パーティションの変換」セクションを参照してください)。その後、オプションはアクティブされます。

Q: MBRディスクにGPTディスクを変換してる途中に、なぜプログラムがいくつかのパーティションが変換後に失われるとプロンプトしますか?

A: このディスクのパーティションの数が4以上あるので、MBRディスクに変換することができません。我々は、いくつかの未使用のパーティションを削除して、再試行しすることをお勧めします。MBRディスクが4つのプライマリパーティションのみサポートしていますので、MBRディスクに最大限4つのパーティションを変換することができます。パーティションの数が4以上の場合は、この条件を満たすには、それらを調整する必要があります。