ベーシックにダイナミックディスクをどのように変換しますか?
疑問: XPでダイナミックディスクにした500GのUSBフラッシュディスクはXPのシステムにより読み取ることができますが、それはwin7では「無効」であり、読み取ることはできません。 なぜですか? Win7でそれを有効にする解決策はありますか?
Windows2000、XP、2003、2008、Vista、Windows7、Windows8、それに2012のオペレーティング・システムでダイナミックにベーシックディスクを簡単に変換することができますが、それはベーシックにダイナミックディスクを変換することはかなり困難です。なぜですか? それはWindowsディスクマネージャがボリュームまたはパーティションを含んでいるダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することをサポートしていませんのです。それは、ボリュームまたはパーティションを含んでいないディスクだけを変換することができます。
ダイナミックディスクとベーシックディスクについて
ベーシックディスク: それはMS-DOS(マイクロソフトディスクオペレーティングシステム)やすべてのWindowsベースのオペレーティングシステムにより訪問できる物理ディスクです。それには、最大限4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと複数の論理パーティションが含まれている1つの拡張パーティションを含むことができます。
ダイナミックディスク: それは、ベーシックディスク上のプライマリパーティションの機能と同様であるディスクです。しかし、それはまたディスク間でデータを共有したり、分割したりすることができます。たとえば、ダイナミックディスクは、実際には、2つの単一のディスク上に分離されているストレージ・スペースを含むことができます。また、ダイナミックディスクは、ディスクの損傷が発生した場合、ディスク間でデータをコピーすることができます。この機能は、複数のディスクが必要ですが、信頼性がより高いです。
Windowsオペレーティングシステムは、2種類のディスク・ストレージをサポートしています:ベーシックディスクとダイナミックディスク。ベーシックディスクは、プライマリパーティション、拡張パーティションそれに論理パーティションによりディスクのデータを管理しますが、ダイナミックディスクの概念は、Windows 2000以降のMicrosoftによって導入され、ディスクの管理ツールに追加されました。ダイナミックディスクストレージは、複数のディスクをまたがるボリュームを作成する機能などの利点でボリューム指向のディスクを使用します。そのため、より多くのユーザーは、ベーシックの代わりに、ダイナミックディスクを使用したくて、彼らは、ダイナミックディスクに彼らのベーシックドライブを変換したいんです。ただし、一部のWindowsオペレーティングシステム(Windows 98 / NT、MS-DOSそれにすべてのMicrosoftオペレーティングシステムのホームエディション、Vistaのホームベーシックエディション、Windows 7のホームベーシックエディション...)がダイナミックディスクをサポートしていないので、いくつかの状況では、あなたがベーシックにダイナミックディスクを変換する必要があります。残念ながら、Windowsは、このようなニーズのためのサービスを提供していません。しかしながら、ユーザーがそれを実行するには、AOMEI Partition Assistantのようなサードパーティー製のツールを使用することができます。AOMEI Partition Assistantの助けで、あなたはデータを損失することなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに簡単に変換することができます、同様に、Windowsに内蔵された「ディスクの管理」またはpartition assistantを使用してダイナミックにベーシックディスクを変換することができます。
ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換するには
開始する前に、 partition assistantをダウンロードする必要があります。いくつかのエディションがあります。Standard EditionやLite Editionは無料ですが、それらは、ダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することをサポートしていません。そのため、あなたは他のエディションを選択する必要があります。ここで、我々は、最も広く使用されていて、有料版の間で最も人気のあるProfession Editionのスクリーンショットを例とします。
注意:誤った操作やその他の予期しない要因の事故からデータ損失を回避知るには、あなたはデータのバックアップを作成した方がいいと思います。AOMEI Backupperはバックアップすることはできます。
ステップ1. AOMEI Partition Assistantを起動して、左側のウィザードのコラムで「 ダイナミックディスクコン変換器」をクリックしてください。
ダイナミックディスクコン変換器
ステップ2. 新しいポップアップウィンドウで、「次へ」をクリックします。
step2
ステップ3. 以下のスクリーンショットの通り、2つのオプションがあります。
方法1:ベーシックディスクにダイナミックディスクを変換。データを失うことなく、安全に、直接に、時間節約で(3-10秒のみかかる)ダイナミックディスクをベーシックディスクに戻します。
方法2:ベーシックパーティションにダイナミックボリュームを変換。ダイナミックからセクター単位でシンプルボリューム、スパンボリューム、ストライプボリューム、ミラーボリュームそれにRAID-5ボリュームをベーシックディスクにクローンします。
step3
我々は、ただダイナミックディスクをベーシックディスクに変換しようとしているので、単に方法1を選択します。(ベーシックにダイナミックボリュームを変換する場合、方法2を選択してください。)、そして、「次へ」をクリックして続行します。
ステップ4. 変換するダイナミックディスクを選択して「次へ」をクリックします。
step4
注意: 選択したディスクにはミラーボリューム(RAID 1)が含まれているかどうかをチェックすることができます。
ステップ5. 操作を確認してから「続行」をクリックします。あなたは、「続行」クリックする前に、「この操作を実行します。「続行」をクリックして開始します。処理は3-10秒ぐらいかかります。」をクリックする必要があります。
step5
ステップ6. 操作が完了されると、AOMEIダイナミックディスクコンバータはすぐに注意します。 「はい」 -> 「完了」をクリックしてこの操作を終了します。
step6
注意:変換が有効になること確保するには、コンピュータを再起動しますので、それは正常なことです。
一方、あなたはダイナミックにベーシックディスクを変換したい場合、実際にpartition assistantを利用することができます。また、Windowsに内蔵された「ディスクの管理」を使用することもできます。
ベーシックドライブにダイナミックディスクを変換することの他、partition assistant はまた、プライマリタイプと論理タイプの間でのパーティションの変換、MBRとGPTタイプの間でのシステム・ディスクの変換、MBRとGPTタイプの間でデータディスクの変換などを作成することができます。