セクタ単位のコピー
セクタ単位のコピーは、宛先パーティション/ハードディスクは正確にソースパーティション/ハードディスクと同じであることを保証します。これは、それが使用されているか、いないかと関係なく、またセクターがブランクであっても、論理的な不良セクタであっても、すべてのセクターをコピーします。その結果、ターゲットはディスクが処理後にコピーされるディスクがサイズ同じになります。パーティションまたはディスクの全体のクローンを作成したい場合に、この機能は非常に実用です。
実行する前に
パーティションをセクタ単位でコピーする場合、未割り当て領域にコピーを格納する必要があります。未割り当て領域がない場合は、他のパーティションを縮小したり、削除したりすることによって未割り当て領域を作成することができます。 (注:ディスクのセクタ単位のコピーが未割り当て領域を必要とします。)
宛先パーティション/ディスクを、ソースパーティション/ディスクと同等またはそれ以上にしなければなりません。
動作を実行する前に、宛先パーティション/ディスクから重要な文書を転送またはバックアップする必要があります。それらはセクタ単位でコピーした後に上書きされますから。
「セクタ単位のコピー」が使用済みセクタと未使用セクタをコピーしますので、「ディスクの高速コピー」と「パーティションの高速コピー」よりも長い時間がかかります。
セクタ単位でコピーするには
ステップ1. AOMEI Partition Assistantを開いて、メインウィンドウの左側にウィザードを見てください。ディスクのコピーまたはパーティションのコピーを選択します。
Wizard
ディスクコピー:
Disk Copy Wizard
パーティションコピー:
Partition Copy Wizard
注意: ディスクコピーが、パーティションコピーと同じ操作手順を共通していますので、我々は次にはパーティションコピーの手順だけを表示します。
ステップ2. パーティションのコピーを見てください、2つのオプションがあります。-「パーティションの高速コピー」や「セクタ単位のコピー」。2番目のオプションを選択して、「次へ」をクリックして継続します。
ステップ3. ステップ2の結果として、以下のように新しいウィンドウが表示されます。 ソースパーティションを選択して「次へ」をクリックします。 (以下のスクリーンショットの通り、ソースパーティションとしてGパーティションを選択します)
Source Partition
ステップ4. 宛先パーティションを選択します。宛先パーティションとしての未割り当て領域を選択する必要があります。「次へ」をクリックして次のステップに入ります。
Destination Partition
ステップ5. Hパーティションにマウスを置くと、クロス矢印が表示されます。それを左または右にドラッグすることにより、Hパーティションの場所を指定することができます。「完了」をクリックして続行します。
Specify Size and Location
ステップ6. 「適用」をクリックしてすべての操作を実行します。
Apply
注意:
あなたがシステムパーティション/ディスクをコピーする場合、動作は PreOSモードで完了する必要があります。
我々は、パーティションのクローンまたはパーティションのコピーを行うことができる別のソフトウェアを持っています。それがAOMEI Backupperです。また、このソフトウェアは、ディスク/パーティションのバックアップや移行を実現できるディスクイメージングとパーティションイメージング機能を提供しています。