Partition Assistantのエラーコードについての説明

エラーコード: 1

エラー記述:

ドライブ文字のアンマウントに失敗しました、再起動してから再試行してください。

あなたは以下の条件で、このエラーコードを受けます。

ドライブ文字の変更に失敗しました。例えば、ドライブ文字をDからFに変更する場合、システムが占用されないように、プログラムは、Dドライブをアンマウントする必要があります。任意のシステムプロセスがこのドライブに実行している場合、アンマウント操作は失敗します。

ドライブ文字を削除することに失敗しました。 例えば、パーティションのリサイズのようなパーティション操作を実行する場合、ユーザーがその中のデータを読み取ることを防ぐために、プログラムは、ターゲットパーティションをアンマウントする必要があります。プログラムはアンマウントに失敗した場合は、この通知を受けます。

ソリューション:

1. コンピュータを再起動してから再試行してください。

2. まず、Partition AssistantまたはWindowsのディスクマネージャを使用してターゲットドライブ文字を削除して、操作を再試行してください。

エラーコード:

2

24

エラー記述:

ボリュームのドライブ文字を割り当てることができませんでした、ディスク管理でボリュームのドライブ文字を手動に追加してください。

または

ドライブ文字の更新に失敗しました、ディスク管理で、ボリュームのドライブ文字を手動に設定してください。

あなたは以下の条件で、このエラーコードを受けます。

ドライブ文字を割り当てることに失敗しました。 例えば。プログラムは、DからFにドライブ文字を変更しますが失敗しました。

ドライブ文字を再割り当てることに失敗しました。 例えば。プログラムは、分割の終了後、ドライブ文字を再割り当てますが、失敗しました。

ソリューション:

1. ドライブ文字を割り当てることに失敗した場合、Partition Assistantを使用してお使いのコンピュータを再起動してから再試行してください。

2.コンピュータを再起動して、Windowsのディスクの管理でドライブ文字を割り当てることができます。

エラーコード: 4

エラー記述:

ボリュームのロックに失敗しました、再起動してから再試行してください。

プログラムは、パーティション操作を実行しているときに、他のプログラムからのデータ変更によって中断しないように、ターゲットパーティションをロックする必要があります。しかし、アンチウイルス、ファイアウォールなどの頑固なアプリケーションが正常に停止することはできません、プログラムは、パーティションをロックすることができませんので、あなたがこのエラーコードを受けます。

ソリューション:

1.手動でアンチウイルスなどの実行中のアプリケーションを閉じて、再試行してください。

2. Partition Assistant によって与えられた指示に従って、PreOSモードに再起動して、動作を続行してください。

3. 上記の方法を試した後、まだエラーを受けた場合は、「ブータブルCDを作成」機能を使用してWindows PE Partition Assistantを作成して、Windows PEモードで操作を終了します。

エラーコード: 5

エラー記述:

ボリュームのロックに失敗しました、再起動して再試行してください。

パーティション操作では、まず、パーティションをロックする必要があります。操作が終了したときに、プログラムがロック解除します。ロック解除処理が失敗した場合は、このエラーを受けます。

ソリューション:

コンピューターを再起動すると、ロックされたパーティションがWindowsによって自動的に再オープンされます。

エラーコード: 6

エラー記述:

他のプログラムは、パーティションテーブルをロックしたので、ディスクのパーティションテーブルが更新できません。他のプログラムを閉じて、再試行してください。

パーティションのリサイズに関するすべての操作は、タスクを効果になるために、パーティションテーブルを変更する必要があります。変更が失敗したので操作は失敗しました。

ソリューション:

1. ディスクまたはボリュームがオフラインまたは読み取り専用状態である場合、パーティションテーブルの変更が終了することができません。その後、Windowsのディスクの管理またはDiskpartツールを使用してオンラインモードにそれらを切り替える必要があります。またはDiskpartを使用して読み取り専用属性を緩和する必要があります。

2.パーティションテーブルが重複などのパーティションテーブルの根本的なエラーは、パーティションテーブルを更新することに失敗する原因となります。一方、パーティションテーブル修復ソフトウェアを使用してエラーを確認して操作を再試行する必要があります。

注意:我々は問題を修復する前に、パーティションテーブルをバックアップすることをお勧めします。.

3. システムが損傷されないように、ディスクとシステムを保護するために作られたアプリケーションはパーティションテーブルを占有またはロックします。 Partition Assistantは、これらのプログラムによって縛られるので、それらを閉じて操作を再試行する必要があります。または、「ブータブルCDを作成」機能を使用してWindows PE Partition Assistantを作成して、Windows PEモードで操作を終了することができます。

エラーコード: 8

エラー記述:

パーティションテーブルが重複しています、次の操作が停止します。我々はコンピュータを再起動することをお勧めします。

長時間にシステムを使用した後、パーティションテーブルには基本的な問題があります。最も普通なのはパーティションの重複です。Partition Assistant は、ディスクのエラーを検出します、パーティションテーブルの重複が検出されたときにこのエラーコードを受けます。

ソリューション:

1. Partition Assistantは、通常のパーティションテーブルの重複問題を解決できます。あなたが与えられる指示に従ってエラーを修復する必要があります。また、動作が要求された後、コンピューターを再起動してください。

2.Partition Assistantのほかに、他のツールを使用して、エラーを検出して修復します。その後、パーティション操作を再試行してください。

注:我々は、パーティション重複を修復する前に、パーティションテーブルのバックアップを作成することをお勧めします。

エラーコード: 9

エラー記述

配置ファイルの更新に失敗しました。

いくつかのパーティション操作を適用する場合PreOSモードを再起動すると言われることがあります。その後、プログラムは、 WindowsのC:\ディレクトリにampa.iniという名前のコンフィギュレーションファイルに作業を保存します。 PreOSモード下のPartition Assistantは、操作を終了するために、ampa.iniの指示を読む必要があります。 ampa.iniの書き込み処理が失敗した場合は、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

1. その理由は、通常、アンチウイルスやシステムの保護プログラムがampa.iniの書き込みからPartition Assistantを防ぐことです。そうでなければ、データを書き込むディスクスペースが十分なであることです。その後で、あなたはそれらのプログラムを閉じる必要があります。また、お使いのシステムをクリーンアップしてよろ多くのスペースを解放する必要があります。

2. 全ての方法を試してみても、まだ動作を行うことができない場合は、Partition Assistant のブータブルメディアを作成して、Windows PEモードで動作を終了してください。

エラーコード: 10

エラー記述:

登録のアップグレードに失敗しました。アンチウイルスソフトウェアを閉じてください。その後、登録コードを入力して使用することができます。

一部の操作は、「PreOS」モードで実行する必要があります、その後、プログラムは、再起動した後に、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager」にある「BootExecute」という名前のレジストリ項目に「ampa」の情報を追加して「C:\Windows\ampa.exe」を実行してタスクを終了します。レジストリの書き込みが失敗した場合、エラーコードを受けます。

ソリューション:

1.それは、通常、レジストリを変更するプロセスがアンチウイルスまたはシステム保護プログラムによって停止されます。その後、あなたはそれらのプログラムを閉じたり、Partition Assistantを使用して再試行したりする必要があります。

2.全ての方法を試してみても、まだ動作を行うことができない場合は、Partition Assistant のブータブルメディアを作成して、Windows PEモードで動作を終了してください。

エラーコード: 12

エラー記述:

ディスクの環境が変更され、一貫していません。コンピューターを再起動してソフトウェアをもう一度実行して再試行してください。

1.操作中に外付け記憶装置を挿入または取り外しないでください。

2. 問題が解決しない場合は、Partition Assistant ブータブルメディアを作成して、Windows PEモードでの動作を終了してください。

3.PreOSモードでの動作が中断されて、操作が完了していない場合、コンピュータの次回起動時に、このエラーを受けます。その時、あなたは、それを解決するには、任意のキーを押してコンピュータを再起動する必要はあります。または、Windowsにログインした後、Partition Assistantを再実行して問題を解決します。

4.Partition Assistantを使用してディスクコピーしまたはシステム移行をした後、宛先ディスクからコンピューターを再起動した時に、宛先ディスク上のシステムを起動したときに、このエラーを受けることがありますその後、それを解決するには、任意のキーを押してコンピュータを再起動してください。する必要が。Windowsにログインした後、Partition Assistantを再実行して問題を解決します。

エラーコード: 14

エラー記述

パーティションラベルの設定に失敗しました。コンピューター - >エクスプローラで設定することができます。

パーティションラベルはパーティションを区別するために指定したボリュームの名前です。例えば、我々は通常ラベルシステムでCパーティションを指定して、ラベル データ または ワークでDパーティションを指定しました。それは簡単な操作です。、Partition Assistant を使用してパーティションラベルを設定することもできます。操作は失敗した場合が稀です、失敗してもいつも原因不明の理由で失敗します。

ソリューション:

Partition Assistantでパーティションラベルの設定に失敗した場合は、デスクトップ上の「コンピューター」を開いてパーティションの1つを右クリックして、メニューで「名前の変更」を選択してください。そして、所望な名前を入力します。

エラーコード: 15

エラー記述:

ドライバーのロードに失敗しました、プログラムを再インストールしてください。

Partition Assistantをインストールした後、C:\windows\system32に「ampa.sys」というプログラムが生成されます。それが損失または占有されて、Partition Assistantは、ドライバのロードに失敗しましたときに、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

1.Partition Assistant を再インストールしてみてください、アンチウイルスやシステム保護プログラムは、ドライバのインストール処理を防ぐしたら、それらをとじてください。

2. 再インストール後に問題が解消されない場合、私たちのサイトから再ダウンロードしてから再試行してください。

エラーコード:

16

17

19

エラー記述:

ARC番号の更新に失敗しました。

または

boot.iniファイルの更新に失敗しました。

または

boot.iniファイルが存在するかどうかを評価するプロセスにエラーが発生しました。

上記のエラーコードはboot.iniの変更が失敗したと示しています。 boot.iniは、パーティションパラメータやWindows XP/ 2000/2003のブート情報を保存するシステムファイルです。プロセスを完了する前に、Partition Assistantは、boot.ini が変更されたパーティションを保存する必要があります。Partition Assistant は、ファイルを変更できないときに、このエラーを受けます、また、これはシステム起動エラーの原因となります。

ソリューション:

1. 動作した後、システムを正常に起動できれば、もうそれを気にしなくてもいいです。任意または全てのインストールされたシステムから起動できない場合は、Windows XPインストールCDを挿入してシステム障害コンソールに入てbootcfgまたはfixbootでboot.iniファイルを修正します。、詳細な手順については、Googleで「bootcfg」または「fixboot」を検索してください。

2. boot.iniファイルを修正する方法が分からない場合は、ハードドライブを取り外して、スレーブディスクとして別のコンピュータまたは友人のコンピュータに挿入してコンピュータを起動します、その後、ハードドライブ上のCパーティションにboot.iniファイルを見つけて当社のサポートチームに送信してください。我々は問題を解決します。

エラーコード: 18

エラー記述:

文字C-Z がすでに使用されているので、パーティションにを割り当てるドライブ文字がないです。

このエラーコードは、ドライブ文字が(CからZまで)全て使用され、余分な文字を持っていないことを示しています。

ソリューション:

新しく作成されたパーティションのために未使用のドライブから文字を削除することができます。 Partition Assistantの 「ドライブ文字を変更」機能は、ドライブ文字を削除することによって、このタスクを実行します。

エラーコード: 21

エラー記述:

メモリが不足です、メモリを解放してから再試行してください。

お使いのコンピュータは、実行する十分なメモリを持っていないときに、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

お使いのコンピュータに新しいメモリバンクを追加することによって、メモリを拡大します、または、実行中のアプリケーションを閉じてメモリを解放します。

エラーコード: 22

エラー記述:

ディスクをを開くことができません。

未知の原因でPartition Assistantがディスクまたはディスク内のパーティションを読み込めないときに、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

1. それは多分、ディスクとコンピュータ間の接続は障害発生しました。または、不良セクタなどの物理的なエラーが発生しました。ディスクを引き出して、再挿入または他のマザーボードポートに挿入してください。他の方法として、取り外し可能な外付けハードドライブとして接続して再度実行してください。

2.問題が解消されない場合、別のコンピュータにハードドライブをインストールして、再度実行してください。または、HD tuneのようなツールを使用してハードドライブをチェックして問題を確認します。

エラーコード: 23

エラー記述:

操作は既にキャンセルされました。

手動で操作をキャンセルすると、このエラーコードを受けます。

エラーコード:

25

26

27

28

29

30

エラー記述:

NTFSにFATを変換すると、ファイルシステムが無効になりました。

または

FATからNTFSへの変換処理に失敗しました。

または

FATからNTFSへの変換処理に失敗しました。再起動してから再試行してください。

または

FATファイルシステムでエラーが発生しました。再試行する前にそれを修正してください。

または

FATからNTFSに変換する前に、より多くの空き領域を解放してください。

または

FATをNTFSに変換するプロセスで不明なエラーが発生しました。

上記のエラーコードは、NTFSにFATまたはFAT32を変換することが失敗したことを意味します。Partition Assistantがwindowsからconvert.exeを呼び出して操作を完了します。windowsの convert.exeが失敗すると、操作は失敗します。

ソリューション:

Windowsのコマンドラインを使用して変換を完了することができます。例えば、NTFSにDドライブを変換します:コマンドラインで「convert.exe D: /fs:NTFS」 を入力してNTFS形式にDに変換します。

エラーコード: 32

エラー記述:

パラメータが無効です。

Partition Assistantは、未定義のエラーが発生したときに、このエラーコードを受けます。我々は弊社のサポートチームに連絡して、我々にあなたのパーティション操作のプロセスまたはあなたがしようとする操作を教えることをお勧めします。我々は、問題を解決します。

エラーコード:

33

34

エラー記述:

セクターの読み込みに失敗しました(不良セクタがある)。

または

セクターの書き込みに失敗しました(不良セクタがある)。

ディスクに不良セクタがある場合、これらのエラーコードを受けます。

ソリューション:

Partition Assistant または HD Tuneを使用してディスクをチェックして物理的なエラーを見つけることができます(注。我々のプログラムは、不良セクタを修正することはできません。)。不良セクタが検出された場合、お使いのシステムが破損されないように、我々はあなたが弊社の無料のAOMEI Backupperを使用して、ディスクのフルバックアップを作成することをお勧めします。我々はパーティション操作を実行する前に、エラーを修正することを強くお勧めします。MHDDは有用なツールです。

エラーコード: 35

エラー記述:

ボリュームを開くことができません。これは、他のプログラムによってロックされる可能性があります。

パーティションをマージする時に、エラーコードを受ける可能性があります。パーティションのマージプロセスが別のパーティションにファイルをコピーする必要があり、コピーが不明な理由によって中断される可能性があります。そのため、コピー処理は失敗します。

ソリューション:

コンピュータを再起動して、Partition Assistantでマージ操作を再試行してください。

エラーコード: 36

エラー記述:

Windowsのコントロールコードは、パーティションを拡張することができません。再起動してから再試行してください。

システムを再起動せずにまたは実行中のプログラムを閉じずにNTFSパーティションのスペースを拡張するには、Partition Assistantは、拡張を終了するために、システムアプリケーションを呼び出します。操作が不明な理由のため失敗します。

ソリューション:

C:\ Windowsディレクトリにpaextend.txtという名前の空きテキストファイルを作成してください。次回にPartition Assistantを実行すると、paextend.txtが検出されたときに、それがAOMEI自身のモジュールでNTFSパーティションを拡大する操作を終了するPreOSモードに再起動されます。

エラーコード: 37

エラー記述:

BCDファイルの更新に失敗しました。それを修正するには、WindowsのインストールCDを使用してください。

BCD(ブート構成データ)ファイルは、WIN7やより高いシステムのブート情報とパーティションのパラメータを保存することに使用されます。システムパーティションまたはブートパーティションの位置を変更した時、または、ディスクコピーしてやシステム移行をした後、ディスクのインデックスIDが変更された時、Partition Assistant は、BCDファイルを更新します。 BCDの更新処理が失敗したときに、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

1.システムがエラーを受信した後に起動できれば、それは大丈夫です。できない場合、Partition Assistantの「ブータブルCDを作成」機能を使用してWindows PEのブータブルCDを作成してパーティション操作をやり直してください。

2.お使いのシステムが作動した後に起動に失敗した場合は、Windows7/8のインストールCDまたはEasyBCDのようなサードパーティ製のツールを使用してBCDを修正してください。あなたがbcdeditコマンドラインをよく知っている場合は、Windows 7のシステム修復ディスクからbcdeditを使用してコマンドラインでBCDファイルを再構築することができます。あなたがエラーについて何も知っていない場合、AOMEIサポートに連絡してください。

エラーコード: 38

エラー記述:

別のパーティションへのファイルコピーに失敗しました。

パーティションをマージするときに、プログラムが別のパーティションへファイル全体をコピーします。コピーを拒否したファイルをコピーすると、このエラーコードを受けます。

ソリューション:

コピーされていないファイルは、ログファイル(Partition Assistantのインストールディレクトリに置かれているログというフォルダ)に記録されます。我々はあなたが手動で別のパーティションにコピーされていないファイルをコピーして操作を再試行することをお勧めします。そうしないと、手動ですべてのデータを別のパーティションにコピーして前のパーティションを削除します。その後、Partition Assistantで未割り当て領域へパーティションを拡張してマージを実現します。

エラーコード: 39

エラー記述:

別のパーティションへ暗号化ファイル(EFS)をコピーできませんでした。このパーティションには沢山のEFS暗号化されたファイルがありますが、マージする前に暗号化を解除してください。

パーティションのマージを終了するには、プログラムがPreOSモードを必要とするかもしれませんが、EFS暗号化されたファイルは、PreOSモードでは処理できませんでした。そのため、あなたがエラーコードを受けました。

ソリューション:

1. パーティションをマージする前に、EFS暗号化を解読して再試行してください。あるいは、別のパーティションに手動でファイルをコピーして前のパーティションを削除してください。その後、パーティションを拡張してそれらをマージします。

2.EFS暗号化ファイルは、デスクトップモードで処理できるので、Windows下の動作が推奨されています。 PreOSモードでのプログラムが確実に必要とされる場合、我々はあなたがPartition Assistantによって作成されたWindows PEのブータブルCDを使用してマージ操作を終了することをお勧めします。

エラーコード: 40

エラー記述:

ターゲットパーティションが十分なディスク容量を持っていません、または単一のファイルが多すぎるので、格納できる十分なディスク容量がありません。我々は、あなたがターゲットパーティションからより多くの空き領域を解放して再試行することをお勧めします。

パーティションをマージする動作において、宛先パーティションは十分なスペースを持っていないような問題が発生することがあります。または単一のファイルが大きすぎるので、宛先パーティションは十分なスペースを持っていません。このような状況で、エラーコードを受けます。

ソリューション:

1. 我々は、あなたが、マージ操作を行う前に、マージする2つのパーティションのために、不要なファイルを削除して、より多くのスペースを解放することをお勧めします。各パーティションの空き領域が多ければ多いほどいいです。少なくとも5GB です。

2.2つのパーティションをマージする別の方法:別のパーティションにファイルを手動でコピーして前のパーティションを削除します。その後、Partition Assistantでパーティションをを拡張してそれらをマージします。

エラーコード:

42

44

エラー記述:

ボリュームGUIDを取得できませんでした。コンピュータを再起動してから再試行してください。

または

パーティションをマージするときに、ディレクトリを作成することができません。

ソリューション:

ボリュームGUIDの取得に失敗した時に、または、パーティションをマージしてディレクトリを作成する時に未知の理由で上記のエラーが発生します。コンピュータを再起動してから再試行してください。問題が解消されない場合、我々はあなたが、別のパーティションに手動でファイルをコピーして前のパーティションを削除することをお勧めします。その後、Partition Assistant でパーティションを拡張してそれらをマージします。

エラーコード: 45

エラー記述:

このディスクの初期化に失敗しました。

お使いのコンピュータに新しいディスクを追加した後、それを使用する前に、初期化する必要があります。Partition Assistantを使用して、新しいディスクを分割したら、それが自動的に初期化されます。しかし、エラーにつながるいくつかの未知の理由があります。

ソリューション:

Windowsのディスクの管理ツールを使用してディスクを手動で初期化して、パーティション操作を実行することができます。 Windowsのツールを使用してディスクを初期化するには、「Win+R」を押して実行ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」を入力してから「Enter」キーを押して管理インターフェースに入て初期化するディスクを選択します。

エラーコード: 46

エラー記述:

FAT12またはFAT16ファイルシステムのサイズを変更することができませんでした。

FAT16またはFAT12形式のパーティションがある場合、エラーコードを受信します。それらは、サイズを変更することはできませんが、Partition Assistantによって位置を変更することができます。しかしながら、プログラムが意図せずにいくつかの操作中に、これらのパーティションのサイズを変更したとき、エラーコードが与えられます。

ソリューション:

通常、Partition Assistantの「保留中の操作一覧」で複数の操作を持っているので、エラーが発生します。ツールバーの「適用」ボタンをクリックした後、Partition Assistantは、同時に実行するタスクを沢山持っています、その中に、タスクが競合する可能性があります。そのため、我々は、これらの問題を回避するために、保留中の操作を一つずつ適用することをお勧めします。

詳細についてはこのページをお読みください:タスクを1つずつコミットする

エラーコード: 47

エラー記述:

パーティションのチェックがタイムアウトした場合、パーティションはエラーが発生します。下記の文章をお読みください: /lib/checktimeout.html または、「保留中の操作一覧」ウィンドウで、「実行する前に、チェックする」オプションをオフにして、再試行してください。

ソリューション:

ツールバーの「適用」をクリックした後、実行される操作を表示する「保留中の操作一覧」ウィンドウがポップアップされます。「実行する前に、チェックする」オプションがあります。オプションが有効になっていて、チェック操作にタイムアウトされているときに、エラーコードを受けます。その時、オプションをオフにして再試行してください。

エラーコード: 48

エラー記述:

プログラムは、パーティションにはいくつかのエラーがあると見つけました。Partition Assistantでパーティションを右クリックして「詳細処理」->「パーティションチェック」を選択してエラーを修復します。エラーの修復についての詳細情報を取得する必要がある場合は、下記をご覧ください。/lib/fixit.html

ソリューション:

パーティション操作の前に、プログラムはターゲットのエラーをチェックします。エラーが検出された場合は、それらを修正するように指示されます。 タスクを1つずつコミットする を参照することができます。または、与えるWebページに進んでください。問題が解決された後、操作を再試行してください。

エラーコード:

101

102

105

106

107

108

109

エラー記述:

上記のエラーコードは、通常、不良セクタなどの物理的なディスクエラーに起因すします。

ソリューション:

Partition Assistant または HD Tuneを使用してディスクをチェックして物理的なエラーを見つけることができます(注。我々のプログラムは、不良セクタを修正することはできません。)。不良セクタが検出された場合、お使いのシステムが破損されないように、我々はあなたが弊社の無料のAOMEI Backupperを使用して、ディスクのフルバックアップを作成することをお勧めします。我々はパーティション操作を実行する前に、エラーを修正することを強くお勧めします。MHDDは有用なツールです。

エラーコード:

110

111

112

208

209

211

212

216

218

エラー記述:

上記のエラーコードは、通常、ターゲットパーティション内のファイルシステムのエラーに起因します。

ソリューション:

Partition Assistantでパーティションを右クリックして、「詳細処理」-> 「パーティションチェック」を選択してエラーを修復します。詳細については「パーティションのチェック」をご覧ください、または、chkdsk.exeコマンドラインを使用して基本的なファイルシステムのエラーを修復します。その後、パーティション操作を再試行してください。

エラーコード:

202

203

219

204

205

206

207

213

210

217

エラー記述:

上記のエラーコードは、NTFSパーティションをフォーマットするときに、メタデータの書き込みが失敗した時に受けます。通常、ターゲットパーティションの不良セクタが原因です。

ソリューション:

1. ディスクの管理のようなwindowsツールを使用して、パーティションをフォーマットします。「Win+R」を押して実行ダイアログボックスに「diskmgmt.msc」を入力してディスク管理を実行してターゲットパーティションをフォーマットします。あるいは、「コンピューター」を開いてフォーマットしたいパーティションを右クリックしてポップアップメニューで「フォーマット」を選択します。

2. Windowsのツールを使用してパーティションをフォーマットすることができなかった場合は、 Partition Assistant または HD Tuneを使用してディスクをチェックして物理的なエラーを見つけることができます(注。我々のプログラムは、不良セクタを修正することはできません。)。不良セクタが検出された場合、お使いのシステムが破損されないように、我々はあなたが弊社の無料のAOMEI Backupperを使用して、ディスクのフルバックアップを作成することをお勧めします。我々はパーティション操作を実行する前に、エラーを修正することを強くお勧めします。MHDDは有用なツールです。

エラーコード:

201

214

エラー記述:

 ディスクのスペース不足。

または

予約スペース不足。現在のパーティションの空き領域を確保してください。

エラーコードは、あなたがNTFSパーティションを縮小すると、NTFSパーティションには十分なスペースを持っていないことを示しています。例えば、あなたは、NTFSパーティションが縮小され、空き容量が200MB未満であると、エラーが発生します。

ソリューション:

ターゲットパーティションを縮小するときより多くの空きスペースを確保してください。

エラーコード: 215

エラー記述:

 ボリュームにはデフラグする必要がある断片ファイルがあまりにも多くあります。または、予約スペースが不足。より多くの空き領域を解放してください。

エラーコードは、 ボリュームにはデフラグする必要がる断片ファイルがあまりにも多くあります。または、予約された領域は、縮小するパーティションには十分であることを示しています。

ソリューション:

我々は、実行する前に、WindowsのデフラグまたはSmartDefragでパーティションデフラグを実行することをお勧めします。デフラグを実行したくない場合、あなたはより多くの空き領域またはパーティションの予備空き領域を解放する必要があります。

エラーコード: 220

エラー記述:

NTFSの機能は、まだプログラムによてサポートされません。

NTFSパーティションのメタデータは、Partition Assistantによってサポートされない機能を含んでいる場合、パーティションの移動/リサイズ/コピーなどを作成することができません。

ソリューション:

適切なサイズの新しいNTFSパーティションを作成して、リサイズ/移動するパーティションからこの新しいパーティションにファイルを複製します。あるいは、他のツールを試してみてください。

エラーコード:

301

302

303

304

305

306

307

308

309

エラー記述:

上記のエラーは、通常、ext2/ ext3パーティションを作成してる途中に、またはext2 / ext3のファイルシステムをフォーマットしてる過程に表示されます。これは、ディスクの一般的な物理エラー、または、Partition Assistantの未知の内部エラーに起因します。

ソリューション:

Partition Assistant または HD Tuneを使用してディスクをチェックして物理的なエラーを見つけることができます(注。我々のプログラムは、不良セクタを修正することはできません。)。不良セクタが検出された場合、お使いのシステムが破損されないように、我々はあなたが弊社の無料のAOMEI Backupperを使用して、ディスクのフルバックアップを作成することをお勧めします。我々はパーティション操作を実行する前に、エラーを修正することを強くお勧めします。MHDDは有用なツールです。 または、GPartedのようなサードパーティ製のツールを使用してext2/3パーティションをフォーマットしてみてください。