Windows PEブータブルUSBやCDをどのように作成しますか?
私はいつもAOMEI Partition Assistantを使用して私のパーティションを管理します。それは簡単で便利です。しかし、私が最初に導入されたとき、それは直感的なインターフェイスを持っていても、それに慣れていなかったので、いくつかのミスを犯しました。幸いなことに、重大なミスではありません。その後、素人でも操作できるPartition Assistantの重要な機能を見てけました。それを使用して誤った操作からコンピュータ損傷を防ぐことができます。それは、「ブータブルCDの作成ウィザード」です。
なぜブータブルメディアを作成することが必要ですか?
Windows PE(Windowsプレインストール環境)をベースにしたブータブルメディア(ISOファイル、USBフラッシュドライブまたはCD/ DVD)を作成すると、オペレーティングシステムをロードしてそのシステム下でPartition Assistantを実行することができます。それは、誤操作などのせいでネイティブ・オペレーティング・システムへの損傷を避けることができます。これは、ネイティブシステムが起動しないときにコンピュータの問題を解決し、データを回復することには非常に便利です。 Windows PEのブータブルメディアが展開や回復のためにコンピュータを起動することができます。それはあなたのコンピュータの起動後にWindows PEメディアを削除できるメモリから直接に起動します。あなたは、Windows PEで起動したら、ハードドライブを再フォーマットまたは変更して、ハードドライブにWindows PEのソースファイルをコピーすることができます。しかし、どのようにWinPEブータブルメディアを作るしますか?AOMEI Partition Assistantの助けで、それは非常に容易になります。
実行する前に
コンピュータにUSBフラッシュドライブまたは空きCD/ DVDを挿入します。あなたは、USBやCD/DVDを持っていない場合は、AOMEI Partition Assistant を使用して、CD/DVDに書き込めるブータブルISOファイルを作成してください。この状況では、バーナー(ブータブルCD/ DVDを作成できるソフトウェアの種類)が必要とされます。
Windows XP、Windows 2003、Windows Vista、それにWindows2008の場合は、新しいハードウェアにオペレーティングシステムを展開/配置できるツールのセット-Windows AIK(自動インストールキット)をダウンロードしてください。お使いのシステムがWindows7/8/8.1/ 2012またはServer 2008 R2である場合は、通常、あなたがWindows AIKをダウンロードしてインストールせずにWindows PEのブータブルメディアを作成することができます。
ブータブルWinPEメディアを作成する方法は?
ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。左側のパネルで「ブータブルCD/USBを作成」をクリックしてください。操作を確認してから、「次へ」をクリックします。
Make Bootable CD
ステップ 2. Windows PEをベースにしたブータブルメディアを作成する方法は3つあります。「CD/DVDドライブ」ブータブルCD/DVDを作成します。「USBブートデバイス」ブータブルUSBブートデバイスを作成します。「ISOファイルをエクスポート」この方式を使用してブータブルISOファイルを作成します。ニーズに応じて1つを選択して「続行」をクリックします。ここでは、USBフラッシュドライブを例とします。
WinPE Bootable USB
ステップ 3. USBフラッシュドライブをフォーマットする必要があります。その上のすべてのデータが削除されるので、重要なデータがある場合は、バックアップを作成してからやり直してください。
Format USB
ステップ 4. WinPEのブータブルUSBドライブの作成に数分かかります。
Successfully
ヒント:
Windows PE USBフラッシュドライブまたはCD/ DVDから起動するには、BIOSに入て、ブートメニューで起動順序を変更する必要があります。
Boot Menu
ブータブルISOファイルを作成する場合は、サードパーティ製の焼き込みソフトウェアを使用して、CD/ USBにISOファイルを焼き込み方法のチュートリアルに従ってこのISOファイルを焼き込むことができます。
実際には、Partition Assistantによって提供されていて、問題を解決する優れた他の機能があります。それはWindows To Go Creatorと呼ばれ、「ウィザード」コラムにあります。このサービスの本質-「操作を容易にする」は、WindowsOSをコピーして別の場所(USBフラッシュドライバ、CD/ DVD、さらにはクラウドドライブ)にコピーを保存することです。あなたは、USBドライブにWindowsのバックアップを保存したら、オリジナルOSが動作を停止した時に、USBディスクを挿入して、(その画像は上記の通りである)ブートメニューで起動順序を変更することで、コンピュータを再起動することができます。この機能を使用すると、任意の場所にWindowsを作成することができます。あなた自分の特別なWindowsのエディションで任意のコンピュータを起動することは非常に便利です。