パーティションをマージする方法は?
なぜパーティションをマージすることが必要ですか?
パーティションのマージは、2つ以上のパーティションを結合することです。以下の状況で、パーティションをマージする必要があるかもしれません::
パーティション領域が不足していますが、他のパーティションはほぼ空きです。
ハードディスク上にはいくつかのパーティションがあり、それらを容易に管理するには、パーティションのより少ない数を取得したいです。
あなたは、複数のパーティションを作成したいが、パーティションの数が上限に達しました。
あなたは、内蔵のディスクの管理でパーティションをマージすることができます。ただし、ディスクの管理が直接にパーティションのサイズを変更することはできませんので、マージする前に、他のパーティションを削除する必要があります。幸いなことに、事前に他のパーティションを削除せずに直接にパーティションをマージすることができるAOMEI Partition Assistantが設計されました。パーティションのマージの他に、パーティション/ディスクのコピー、パーティションの復元それにパーティションのアライメントなどのディスク管理が持っていない機能がPartition Assistantによって提供されています。
実行する前に 
この操作は、データの元の場所を変更することがあるので、我々はあなたがこの操作を実行する前に、「パーティションを安全に分割する方法」のチュートリアルを参照することをお勧めします。
あなたは一度だけで2つのパーティションをマージすることができます、そして2つのパーティションは、隣接している必要があります。ただし、未割り当て領域の2つ以上の部分をパーティションにマージすることができます。未割り当て領域は、隣接しているかどうかと関係なく、ちょうどパーティションの後ろにあればいいです。
あなたは、システムのブートドライブにデータパーティションをマージすることができますが、データパーティションにシステムのブートドライブをマージすることはできません。
「システム予約」パーティションをマージすることができません。
どのようにマージしますか?
次のステップバイステップガイドは、パーティションへの2つパーティションのマージや未割り当て領域のマージを含んでいます。ニーズに応じて適当なものを選択してください。
ヒント: どちらを選択しても、ガイドに従うには:AOMEI Partition Assistant Professional(サイズ: 18.4MB)を ダウンロード してください。
ケース1:1つに2つのパーティションをマージします
ステップ1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。マージするパーティション(ここではE:)を右クリックしてドロップダウンメニューで「パーティションをマージ」を選択します。
Merge Partitions
ステップ2.ポップアップウィンドウで、チェックボックスからパーティション(ここではF:)を選択してからE: とF: の間でターゲットパーティション(ここではF: )を選択します。そして、「はい」をクリックし継続します。この場合、パーティションE上のすべてのデータがパーティションFへ転送されます
Partition Merging
ステップ3.あなたは左の「保留中の操作一覧」コラムで変更をプレビューすることができます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。
Click Apply
ケース2:パーティションに未割り当て領域をマージします
ステップ1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。この例では、C: パーティションの後ろに未割り当て領域がありますが、C:に隣接していないんです。未割り当て領域をマージする宛先パーティション(ここではC:)を右クリックして、ドロップダウンメニューで「パーティションをマージ」をクリックします。
Merge Unallocated Space
ステップ2. ポップアップウィンドウで、未割り当て領域の前にあるチェックボックスをチェックしてから、「はい」をクリックして継続します。この場合、システムパーティションCは、デフォルトで、ターゲットパーティションとして選択されているので、あなたは、ターゲット・パーティションを指定することができません。
Merge Unallocated Space to C
ステップ3. 変更をプレビューすることができます。変更を保存するには、ツールバーの「適用」をクリックしてください。
Click Apply
注意:
パーティション上でアプリケーションを実行している場合、AOMEI Partition Assistantは、それらを閉じますか、または PreOSモードで動作を実行しますかと注意します。