アクティブパーティションの設定
ハード・ディスク・ドライブには複数のプライマリパーティション(最大限4つ)を持つことができます。アクティブパーティションは、オペレーティングシステムのブートファイルを含むプライマリパーティションです。あなたがアクティブとしてパーティションを作成した後、オペレーティングシステムは、そのパーティションから起動されます。一般的に、ディスクが唯一のアクティブパーティションを持ちます。
実行する前に
アクティブとしてパーティションをマークする前に、それはローダー(オペレーティング・システム・ツール)、または「boot.ini"」、「ntldr」、「bootmgr」あるいは「BCD」などのブートファイルを含んでいることを確認してください。
あなたが実行しようとしているパーティション上で実行されている他のアプリケーションがある場合は、AOMEI Partition Assistantは、それらのアプリケーションを閉じますと提示します。
注意:
何のシステムファイルを含んでいないパーティションをアクティブとして設定しないでください。したら、コンピュータが停止する可能性があります。
ヒント: この操作は、あなたのデータの絶対的な安全性を確保します。
アクティブパーティションを設定するには
ステップ1. AOMEI Partition Assistantを起動してください。アクティブパーティション に設定したいパーティション(ここでは、Dを例とする)を 右クリックして「詳細処理」 -> 「パーティションをアクティブとしてマーク」をクリックしてください。
step1
ステップ2. 「はい」をクリックして次のステップに移動します。変更がメインウィンドウに表示されます。
step2
ステップ3. 次のスクリーンショットの通りに、「適用」をクリックして保留中の操作を開きます。そして、Cの場合、「再起動が必要」という警告が表示されます。確認するには「続行」をクリックしてください。
step3
ステップ4. この操作は、あなたのコンピュータを再起動します。準備ができたら「はい」 をクリックてください。
step4
注意:
論理ドライブまたは拡張パーティションをアクティブにすることはできません。プライマリパーティションのみをアクティブとして設定することができます。
お使いのコンピュータは、アクティブに設定されたメインパーティションから起動されます。物理的なハード・ディスク・ドライブごとのアクティブパーティションが1つだけあります。