一般的に言えば、あなたはPartition Assistantで操作をコミットするには、「適用」ボタンをクリックする必要があります。操作は、Windowsモードで完了します。 以下のように:

しかし、一部の操作、例えば:「システムパーティションの縮小」、「システムパーティションのクローン」それにサイズを変更するパーティション上で実行されているライブアプリケーション(ページファイルなど)がWindowsモードで完了することができません。ターゲットパーティションをロックできません。そのため、操作がブートモード(Partition Assistant PreOSモード)で完了されます。

時々、36、12、1004などのエラーコードに直面したときに、あなたが、PreOSモードで動作を完了する必要があります。

Partition AssistantPreOSモードを手動で起動します:

ブートモードでプロセスを実行するには、ツールバー上の「適用」をクリックしながら「shift」キーを押す必要があります。すると、動作がPreOSモードでコミットされます。