AOMEI Partition AssistantでWindows8ブータブルUSBドライブを作成する方法

時間が経つと、BYODに対するユーザの需要はますます一般的になってきています。ユーザーの要求を満たすために、マイクロソフトは、Windows8や8.1のEnterprise Editionで「Windows To Go」という新機能をリリースしました。この新機能は、ユーザーが認定されたUSBフラッシュドライブからWindows8/8.1を起動することができます。こうして、ユーザーが任意のコンピュータで自分の作業環境を展開することができます。そのため、ユーザーは、このMicrosoftによって提供提供された素晴らしい機能でWindows 8ブータブルUSBを簡単に作ることができます。

しかし、あなたは、Windows8/8.1 Enterprise Editionのユーザではない場合は、Windows To Goを使用することができません。幸いなことに、AOMEI Partition Assistantが同じ機能を提供しています。あなたが、Windows8/8.1のEnterprise Editionを持っていなくても、認定されたUSBを持っていなくても、この機能を使用して、Windows 8ISOまたはESDファイルからブータブルrUSBフラッシュドライブを作成することができます。

Windows 8のブータブルUSBドライブを作成する前に、以下に示してる要件やヒントご注意ください:

  • あなたは13GB以上のUSBドライブを準備する必要があります。外付けUSBハードドライブもSSDもいいです。
  • あなたは、Windows 8のインストールディスク、ISOファイル、またはESDファイルを準備する必要があります。
ヒント:
  • あなたは、Windowsオペレーティングシステムをインストールしておく任意のコンピュータでWindows 8 to goブータブルUSBを作成することができます。Windows 8 Enterprise Editionが 必要しません
  • USBドライブが大きいほど、より良い結果になります。一方、IronKey、Kingston、Spyrusなどのようなベンダーからの認定されたUSB3.0ドライブが最高です。
  • あなたがWindows 8のインストールディスクを持ってる場合、CD / DVD-ROMに直接に挿入して続行することができます。
  • あなたは、Windows8のISO/ ESDインストールファイルを持ってる場合、WinRARまたはWinZIPで適切な場所に解凍し、またはDAEMON Tools Liteのようサードパーティ製のISOマウントまたは書き込みソフトウェアを使用して仮想ドライブとしてマウントしてください。

ステップ 1: コンピュータのUSB3.0またはUSB2.0ポートにUSBドライブを接続します。それはマシンにより検出されていることを確認してください。

ステップ 2: AOMEI Partition Assistantをダウンロードして、インストールして、起動します。プログラムが自動的にあなたのUSBドライブを表示します、ここでは、ディスク4です。それから、左側の「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows To Go Creator

ステップ 3: ポップアップウィンドウで、「参照」をクリックして「\sources」フォルダの下のWindows 8のインストールファイル(名前はinstall.wimまたはinstall.esd)を選択します。プログラムが自動的に検出しない場合は、手動で「参照」をクリックして選択します。その後、「はい」をクリックして継続します。

Browse Windows 8 Image ISO
Select Windows 8 Installation File

ステップ 4: 「はい」をクリックします。プログラムは、重要なことを提示します。このUSBドライブ上のデータは削除され、USBドライブ上のパーティションは、NTFSファイルシステムにフォーマットされます。データをバックアップするには、 無料のバックアップソフト、AOMEI Backupper Standardが最高のチョイスです。「はい」をクリックした後、Windows 8 ブータブルUSBドライブの作成操作が開始します。

Note Before Creating
Creating Windows 8 Bootable USB Drive

タスクが完了すると、 任意の場所で任意のオペレーティングシステムを持つ任意のコンピュータにWindows 8ブータブルUSBドライブを接続して、BIOSの設定に入て、まず、USBにファームウェアの起動順序を変更して、保存します。その後、Windows8に起動します。ちなみに、AOMEI Windows To Go Creatorはまた、USBドライブにWindows8.1をインストールすることができます。

簡単に言えば、あなたが、Windows 8 または8.1 Enterprise Editionのユーザーである場合、 素敵なワークスペースを享受するには、内蔵されていたWindows To Goを使用して、Windows8ブータブルUSBドライブを作成することができます;ではない場合、AOMEI Partition Assistantを使用してください。どちらを選択しても、Windows8ブータブルUSBドライブがBYODを使用可能にすることができます。

関連リンク: