By ゆき / 最後の更新日時 August 21, 2019


現在のコンピューターを長年持っている場合、このコンピューターの性能が劇的に落ちることを見つけるかもしれません。現在のシステムを再インストールせずにその性能をどのように最適化しますか?SSDの移行フリーソフトを使用してHDDをSSDに換装するのは最も適切な方法だと思います。

HDDをSSDに換装する理由

HDDとSSD間の違いなので、ユーザーはSSDのほうが好きです。最も顕著な違いはSSDが可動部分がないことです。一方でHDDは読み書きヘッドに囲まれた回転盤を持つ機械材料から作成されます。データにアクセスする時、ヘッドはプラッタ上を移動し、データのアクセス時間を延ばします。しかし、SSDならデータはメモリチップに保存されるため、データにアクセスする時プラッタが回転することを待つ必要がありません。これらの違いがあるので、OSをSSDにインストールするのは沢山の利点があります。そのため、HDDをSSDに換装するのは賢い選択肢です。

SSDは他のメリットもあります。例えば、それは省電力でより小さなノイズがあり、より頼もしいです。一言で高性能を求めるコンピューターユーザーにとってSSDは確かに最高の選択肢です。しかし、SSDは限られた寿命があります(後でSSDの寿命を延ばす方法を学ぶことができます )。それにしても多くのユーザーは依然SSDを使用したいです。多分、将来SSDはHDDに取って代わるかもしれません。

HDDをSSDに換装する手順

ご存知のように、SSDの値段はHDDより高いです。そのため、4KアラインメントでOSだけをSSDに移動することをお勧めします。この方法で、高いコストを心配せずに良い性能を楽しむことができます。

AOMEI Partition Assistant Standardは、パーティションを安全かつ簡単に管理する必要があるユーザーのためにデザインされる無料でも専門なソフトウェアです。このソフトウェアは「OSをSSDに移動」というウィザードがあり、この機能を使うとOSの再インストールとデータの損失なしで古いHDDからOSをSSDに移行することができます。次は無料SSD移行ソフトウェアを使用してOSをSSDに移行する詳細な方法を紹介します。

行う前に:

  • ● 宛先SSDは、現在のOSパーティションの使用済み領域より大きいか、又は等しい未割り当て領域があることを確認してください。

  • ● MBRディスクからGPTディスクにOSを移行したい場合、マザーボードはEFIまたはUEFIブートをサポートすることを確認してください。

ステップ1:このソフトウェアをダウンロードし、インストールして起動します。左側にある「OSをSSDに移動」をクリックします。そしてポップアップで「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移動

ステップ2:SSD上の未割り当て領域を宛先場所として選択します。そして「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

ステップ3:このウィンドウでバーを左に移動してSSD上の新しいパーティションのサイズを決定することができます。そして「次へ」をクリックします。

新しいパーティション作成

ステップ4:「OSブート」についての注意を読んだ後、「完了」をクリックします。そしてメインインターフェースに戻ります。

完了をクリック

ステップ5:この操作を実行したいなら、「適用」をクリックしてください。

適用をクリック

SSDの大きさは十分ではない場合、容量不足の警告を受けるかもしれません。こういう時SSD上のディスク容量をどのように解放するかを知りたいかもしれません。もちろん、大容量SSDがあれば、ラップトップでHDDをSSDに完全に置き換えることを選択できます。それが嫌なら、最初ディスクをSSDにクローンする必要があります。このフリーソフトでHDDをSSDに簡単にクローンすることもできます。それに加えてこのソフトウェアはパーティションの管理に他の有用な機能を持っています。例えば、パーティションをマージ、MBRとGPT間でディスクを変換、ブータブルCDを作成することです。

ノート:

  • ● 操作はシステムパーティションに関連する場合、PreOSモードで完成されます。

  • ● MBRとGPTディスクの間でOSを移行する場合、OS移行が完了する時、BIOSに入ってブート設定(ブート設定についてコンピュータのマザーボードマニュアルをチェックしてください)を変更します。

  • ● 宛先ディスクの上に未割り当て領域がない場合、不要なパーティションを削除するか、大きなパーティションを縮小していくつかの未割り当て領域を生成できます。