By ゆき / 最後の更新日時 August 7, 2019

デフラグ

従来の多くのHDDは回転するプラッタがあり、プラッタ周りの様々な場所にデータを保存します。お使いのコンピュータはデータをドライブに書き込むため、ファイルはデバイスのプラッタの片側から他側に順次並ぶクラスターに保存されます。データを読み取る必要がある時、HDDヘッドは先頭セクタに配置され、そしてディスクは回っています。

しかし、ファイルは多くの異なるセクターに転送され、お互いに遠く離れている時、デフラグが出てきます。ファイルを読み込むために、HDDヘッドは最初のセクタに位置され、ファイルを読み取ります。そしてそれは2番目のセクターに移動してファイルを読み取ります。ファイル全体を読み切るまでこの仕事はセクターの間で続きます。これは時間を費やす仕事です。

ヘッドはよく移動するならより多い時間がかかるため、デフラグを使ってファイルを順番に並べて読み込み速度を上げる必要があります。ですから、HDDが要求したデフラグはコンピューターを最適化する1つの方法です。

なぜSSDにデフラグが不要ですか?

伝統的なハードディスク(HDD)である場合、1つのスペースに配置されたファイルと比較してディスクの異なる部分に位置したファイルは読み書きにより多い時間がかかります。そのため、デフラグはコンピューターを加速する良い方法です。でも、SSD(ソリッドステートドライブ)をデフラグするのは必要ですか?

SSDである場合、ドライブをデフラグしないほうがいいです。それは不要な磨耗と壊れを起こし、SSDの寿命に悪影響を及ぼします。また、伝統的なHDDと比べてSSDは違い技術があるので、デフラグは要求されません。

SSDは沢山のメモリチップがあります。それらから何かを読み取る時、コントローラチップはいくつかのビットをアクティブにします。メモリから読み取るのは正しいです。データがどこに保存されるか心配しなくていいです。SSDは、ドライブの上に分散しているデータのブロックを読み込む速度と隣接しているブロックを読み込む速度と同じである能力を持っているため、デフラグはSSDの速度に影響を与えません。また、SSDはウェアレベリングと呼ばれる技術を使用してファイルが書き込まれる順序を追跡します。この方法はディスクを均等に摩耗させます。つまり、ドライブの劣化は遅くなっていきます。

そのため、SSDの性能を強化するのにデフラグは必要ではありません。それどころかSSDの寿命に有害です。

注意を払うべき他のこと

上述から、デフラグはSSDに悪い影響を与えることを知っていました。SSDを最大限に活用するために、以下のことにも注意を払う必要があります。

● 容量を満たさない
SSDの上に大量の空き領域があるべきです。さもないと、SSDの書き込み性能は大幅に低下しています。SSDに十分な空き容量がある時、それは空きブロックを沢山持っています。これらの空きブロックに新しいデータを書き込むことができます。しかし、ほんの少しだけの空き領域があるなら、SSDは多くの満たされたブロックがあります。新しいデータを書き込む必要がある場合、そのキャッシュに満たされたブロックを読み取り、新しいデータでブロックを変更し、そしてデータをハードドライブに書き戻します。これはより多くの時間がかかります。


● よく書き込まない
SSDの寿命を延ばすために、できるだけ書き込み回数を減らしたほうがいいです。例えば、プログラム設定を調整したり、新しい書き込みを機械であるHDDに保存して問題を解決できます。


● アクセス頻度の低いファイルを保存しない
SSDは従来のHDDより容量が小さくて値段が高いです。しかし、それは多くの利点があります。例えば、省電力、少ないノイズ、速いスピードです。そのためSSDを最大限に使用するために、OSファイル、頻繁に使用されたプログラム、ゲームなどをSSDに保存すべきです。

新しい技術を使用するSSDはコンピューターの性能を向上させるのに大きな変化をもたらします。SSDのユーザーとして、それから最も利益を得るために、SSDに関連することに注意を払うべきです。SSDの読み書き性能はSSDのベンチマークによって表示されます。いくつかのツールでSSDの詳細を知ることができます。