Windows 10でHDDのエラーをチェック、修復する方法

Windows 10でHDD(ハードディスク)の調子が悪くなったときに、HDDをスキャンして、そのエラーをチェックし、修復する方法は様々です。この記事では、それらを一つずつご紹介します。

Windows 10でHDDエラーをチェックする必要性

Windows 10を使用してから一定時間経過後、HDDに様々な問題が出てきます。ハードディスクのエラーが報告されることは頻繁にあります。エラーが発生すると、特定のファイルやアプリケーションを正常に開くこともできません。

以下のいずれかのHDDエラーに遭遇したら、ハードディスクのエラーをチェックする必要があります。

  • ●Windows 10でハードディスクの問題が検出されました。通常、このエラーはシステムが起動した後に発生します。これはHDDが故障しているか、又は一部のシステムファイルが破損していることを意味します。

    ●ディスクのエラーを確認しています。完了するまで1時間以上かかる場合もあります。時には、このエラーは起動可能なUSBメモリからWindows 10をインストールした後に発生します。修復しようとするため、完了するまで1時間かかる必要があると報告します。しかし、1時間以上続いても完了できない可能性があります。

    ●ディスク読み取りエラーが発生しました。Ctrl+Alt +Delを押して再起動してください。これは面倒なエラーです。マシンを再起動してもまだ同じエラーが表示されるかもしれません。こういう場合、Windows 10でHDDエラーをチェックする他に、少なくとも5時間内にPCを起動しないことをお勧めします。

    非システムディスクまたはディスクエラー。交換して準備ができたら、任意のキーを押してください。上述したエラーとちょっと違っています。このエラーは一般的にWindows 10を再インストールする時に発生します。これはシステムファイルの問題ではないなら、選択されたディスクの問題かもしれません。

HDDエラーについて、考えられる原因は様々です。不良セクタ、破損したシステムファイル、予期せぬシャットダウン、壊れたソフト、ファイルシステムのエラー、失われたクラスター、メタデータの破損などです。

ディスクに問題がある場合、ハードディスクのエラーチェックを行い、異なる原因に対応してエラーを修復する必要があります。

Windows 10でHDDエラーをチェックして修復する方法

ハードディスクのエラーメッセージが表示される時、まず「コントロール パネル」→「セキュリティとメンテナンス」→「メンテナンス」を展開→「ドライブの状態」でドライブの状態を確認します。もし問題なければ、「すべてのドライブが正しく動作しています」というのが表示されます。これは一般状況ですが、エラーはまだ出てくる場合、どうするの?

ドライブの状態

Windows 10はHDDをスキャンして修復するために幾つかの方法を提供します。例えば、コマンドプロンプトからチェックディスク(CHKDSK.exe)ユーティリティを実行すること、エクスプローラーでHDDの整合性、ファイルシステムのエラー、不良セクタ、失われたクラスターなどをチェックすることです。次はもっと詳しく見てみましょう:

Windows 10 CMDでHDDエラーをチェックする

まず、WindowsキーRキーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」に「cmd」と入力し、「Enter」を押してコマンドプロンプト(CMD)を起動します。管理者としてそれを実行することを確認してください。以下は必要がある幾つかのコマンドです。

chkdsk - chkdskはボリュームの状態を表示させるだけで、何のエラーを修復しません。

chkdsk g: /f - このコマンドは「ボリューム(G:)」のエラーをチェックし、見つかったエラーを修復します。G:を他のドライブ文字に置き換えることができます。

CHKDSK G: /f
※注:アクティブなパーティションで/fパラメーターを使用せず、chkdskのみを実行する場合、ドライブはロックできないので、エラーが報告されるかもしれません。

chkdsk g: /f /r /x - /rはドライブ上の不良セクタを発見して読み取り可能な情報を回復します。/xはプロセスが始まる前にドライブのマウントを強制的に解除します。/rで幾つかのデータを回復できないので、バックアップスケジュールを設定するのは大切な習慣です。

CHKDSK G: /f /r /x
※注:/fパラメーターは選択されたドライブをロックします。ドライブをロックできない場合、「次回のコンピュータの再起動時に、このディスクの検査を実行しますか?」と表示されます。Windows 10でシステムをチェックする場合は、パソコンを再起動する必要があります。

chkntfs /c - NTFSのみに適用します。次回コンピュータが再起動する時に、このボリュームをチェックすることをスケジュールします。

chkdsk /i - NTFSのみに適用します。インデックス エントリについて最小限のチェックを実行します。chkdskの実行時間を短縮することになります。

chkdsk /b - NTFSのみに適用します。ボリュームの不良クラスターを再評価します。

chkdsk *.* - 現在のディレクトリ以下で、FATディスクにあるすべてのファイルの連続性をチェックします。その状態を報告し、不連続なブロックに分断されたファイルを一覧表示します。

chkdsk /? - 上述したすべてのオプションが必要でない場合、このパラメーターで全てのコマンドを表示させます。

補足:時には、結果とともにリターンコード(終了コード)を取得することがあります。以下はこれらのリターンコードについての説明です。

0 - エラーは見つかりませんでした。
1 - エラーは見つかり、そして修正されました。
2 - ディスククリーンアップが実行されました(例えば、ガベージコレクション)。或いは、/fを指定していないのでクリーンアップが実行されません。
3 - ディスクをチェックできなく、エラーを修復しません。或いは/fが指定されないのでエラーが修復されません。

そのほかに、PowerShellで「REPAIR-VOLUME <ドライブ:> 」を実行して、エラーをチェックし、修復することもできます。

  • ヒント:Windows 7、8/8.1、XP、VistaでHDDエラーをチェックするのにも以上のchkdsk.exeが適用されます。

エクスプローラーでHDDエラーをチェックする

コマンドラインでのチェックディスクの他に、Windowsにグラフィカルインタフェースを持つチェックディスクユーティリティ(エクスプローラー)も内蔵されています。PCを開き、検査対象のドライブを右クリックし、「プロパティ」→「ツール」→「チェック」を選択します。エラーは検出された場合は、ファイルシステムを修復するためにコンピューターを再起動する必要があるというメッセージが表示されます。すぐに再起動できるか、又は次回Windowsを起動時にエラーを修復することをスケジュールできます。

プロパティのチェック

Windows 10のインストールエラーをチェックする

上述のように、USBメモリ又はインストールディスクからWindows 10をインストールする時に非システムディスクエラーまたはディスクエラーが表示されるかもしれません。もし、インストールメディアに問題がないことを確認できるなら、これは選択されたディスクの問題です。

  • 1. IDEディスクの不良ブロック又はSATAケーブルをチェックします。

  • 2. ディスクには破損したMBRがあるかをチェックします。以下の方法でMBRを修復できます。インストールメディアからコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを入力します。

    ●bootrec /scanos
    ●boot rec /fixmbr
    ●bootrec /fix boot
    ●bootrec /rebuildbcdBootrecコマンド

もちろん、他のシンプルな方法でWindows 10のMBRを修復できます。

Windows 10でマスターブートレコード(MBR)を修復する方法

サードパーティ製のツールでHDDエラーをチェックする

上述の方法はHDDエラーチェックに十分ですが、一部のユーザーは、CHKDSKが10%で停止するエラー、やWindows 10でドライブのスキャン、修復が進まないエラーに遭ったことがあるでしょう。こういう時、専門的なサードパーティ製のツールを使ってHDDエラーをチェックできます。

AOMEI Partition Assistant Standardはパーティション管理フリーソフトで、パーティションとディスク両方をチェックできます。Windows 10だけでなく、Windows 8/8.1、7、XP、Vistaにも対応します。無料でダウンロードして試してみてください。

こちらからダウンロード

Windows 10でパーティションエラーをチェックする:

Windows 10でAOMEI Partition Assistantを起動します。チェックしたいドライブを右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。ポップアップにエラーチェックのみ、エラーチェックと修復、不良セクタチェック、3つのオプションがあります。必要に応じて一つを選択してください。

パーティションエラーをチェック チェック方法を選択
  • ヒント:この機能は、フォーマットされたパーティションのみに適用されています。

Windows 10で外付けHDDエラーをチェックする:

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、スキャンしたいディスクを右クリックし、「不良セクタをチェック」を選択します。これはほとんどの場合、指定されたディスクの不良セクタをチェックします。

不良セクタをチェック

手順 2. 「開始」をクリックし、不良セクタをチェックします。速い検査を実行したい場合、「高速チェック」チェックボックスにチェックを入れてください。

開始

これで、Windows 10でHDDエラーをチェックすることについて様々な方法を紹介しました。それらは役に立ちますか?ディスクが故障していることを発見した場合、できるだけ早くHDDのエラーをチェックして修復します。もしダメなら、壊れたHDDを他の新しいHDDまたはSSDに交換した方がいいと思います。