By 三浦大和 / 最後の更新日時 August 20, 2019

Windows 10でSSDアライメントを調整する場合

SSDがデータを保存するために最小の4Kセクタを採用しているから、SSDアライメントとは、SSDパーティションの4Kアライメントを指します。最小の4K割り当て単位がSSDの4Kページで常に一致しない場合、SSDのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。4Kアラインメントは、ハードディスクにおいて広く使用されています。4Kアライメントパーティションは、オペレーティングシステムに良い影響を与え、より高いパフォーマンスを提供します。クローン後にWindows 10を調整する必要があるかもしれません。

お使いのSSDアライメントが調整していないことを示すいくつかの兆候があります。例えば、 既知の小容量ファイルはデータパーティションの大容量ディスクストレージを占有するか、HDDをSSDにアップグレードしでも、システムプログラムやアプリケーションの実行速度が重いです。このようなことが続くと、不要な書き込み操作が随分増加し、最終的にSSDの寿命が短くなります。

SSDアライメントを確認する2つの方法

SSDパーティションアライメントを確認するには、2つの方法があります。

方法1: 

システム情報で確認すること[Windows]キーと[R]キーを合わせて押すと、[ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスが開きます。「msinfo32」と入力してEnterキーを押します。次に、「コンポーネント」>「記憶域」>「ディスク」に移動し、お使いのSSDを探して、パーティション開始オフセットを確認します。パーティション開始オフセットは4096で割り切れないといけないのです。SSDパーティションはうまく整列されていないです。

システム情報

方法2:

Diskpartを使ってアラインメントを確認すること:同じ実行ボックスで「diskpart」と入力してEnterキーを押します。list disk>disk n(nはSSD)>list partitionを選択します。「オフセット」列を確認します。1024KBの倍数である場合、パーティションはうまく整列されています。

Diskpartを使ってアラインメントを確認する

Windows 10用のSSDアライメントツール

市場でのパーティションアライメントツールが多く、一部はSSDメーカーから生産されたのです。Samsung Magician、Intel Solid-state Drive ToolboxやWindows内蔵Diskpartを使用すると、ユーザーはSSDアライメントを調整することができます。AOMEI Partition Assistantプロ版のようなサードパーティ製のSSDアライメントソフトウェアは、数回クリックで4Kパーティションアライメントを行うことをサポートします。興味を持ってば、以下の内容を読み続いてください!

目次(クリック1つで指定したリンク先に飛ぶ)

ツール1:Diskpartを使用してSSDアラインメントを調整

Windows内蔵ツール―Diskpartを使用すると、1024KBに揃えられた新規パーティションを作成できます。つまり、データが格納されているパーティションを整列させたい場合は、データを削除してから再度作成する必要があります。再フォーマットする前にファイルをバックアップすることをお勧めします。AOMEI Backupperは簡単にバックアップを実行できる専門ソフトです。幸いなことに、今ダウンロードすると、30日間無料体験できます。

上述通りに、[Windows]キーと[R]キーを合わせて押すと、[ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスが開きます。「Diskpart」と入力してEnterキーを押してDiskpartを起動します。コマンドを実行してSSDアライメント調整を行います。

  • ● list disk

  • ● select disk n(nはSSD)

  • ● list partition

  • ● select partition x(xは、整列させるパーティションです)

  • ● clean

  • ● create partition primary

  • ● format quick fs=ntfs

  • ● exit

明らかに、DiskpartでSSD全体のアライメント調整を行う場合は、ディスク上のデータがすべて削除されます。幸いなことに、2番目(以下)の方法では、データ損失なしでSSDアライメント調整を行うことができます。

ツール2:AOMEI Partition AssistantによってWindows 10 SSDアラインメントを調整

ステップ1:AOMEI Partition Assistant Pro体験版無料ダウンロード、インストール、実行します。調整させるパーティションを右クリックし、「詳細処理」>「パーティションを整列」を選択します。

詳細処理

ステップ2:ポップアップウィンドウで、表示されたリストから4096セクタ(最後)を選択し、「はい」をクリックします。

4096セクタ

ステップ3:適用」>「続行」をクリックして操作を実行します。

続行

ヒント:システムドライブ上でパーティションアライメントを調整する場合、再起動が必要です。

このソフトウェアは他のWindows OSにも適用されるため、Windows 7でSSDパーティションアライメントを調整させることもできます。また、Samsung SSD、Intel SSDやKingston SSDなどのさまざまなSSDで使用できます。パーティションアラインメントがベンチマークであるということがもう1つの話題です。SSDベンチマークについてもっと学び、SSDのピークパフォーマンスを取得することができます。

ツール3:Samsung MagicianによってWindows 10のSSDパーティションアライメントを調整

Windows 10でSamsung SSDを使っている場合は、Samsung Magicianというツールをお勧めします。このSamsung MagicianはSamsung SSDのために特に開発されたものです。勿論、このツールは、Samsung以外のSSDにインストールすることはできません。

Samsung Magicianをインストールして起動します。メインインターフェイスで、「DISK MANAGEMENT」タブの「Performance Optimization」をクリックし、調整します。システムパーティションのみで実行する場合は、「SYSTEM MANAGEMENT」タブの「OS Optimization」をクリックします。

Samsung Magician

Windows 10ではOS Optimizationが不要なものになりますから、新しくリリースされたSamsung Magician 5で削除されていると言われています。まだOS Optimizationでパーティションアライメントを調整したい場合は、新バージョンのMaximum Performanceで実行することができます。

NOTE:SSDの複数のパーティションを調整するには(SSDをパーティション化するのは良いですか?)、上述の使用方法を繰り返してください。

結論


どう?やっぱりAOMEIソフトは最も便利でしょう~~任意のSSDに使えますし、操作しやすいし、ずいぶん時間を節約できます。問題を迅速に解決したいのなら、この便利かつ安全なソフトを手に入れることを強くお勧めします。

ちなみに、AOMEI Partition Assistantは、4096KB以外のセクタでHDDパーティションのアライメント調整もサポートしています。拡張パーティションでSSDアライメントを調整する場合、上記のソフトウェアも試してみよう。