Windows 10で回復パーティションを移動する方法|データ損失なし!

Windows 10で回復パーティションは邪魔になっている?

Windows 10にアップグレードした後、C:ドライブの背後に450MBの回復パーティションが作成されます。ご存知のように、パーティションの後ろに未割り当て領域がある場合、「ディスクの管理」でそのパーティションを拡張することができます。

でも、そこに回復パーティションがあれば、システムパーティションを拡張することはできません。Windows回復オプションを使用する必要があるかもしれないので、おそらく回復パーティションを削除したくないでしょう。その場合、Windows 10の回復パーティションを移動することが解決策です。

Windows 10の回復パーティションは邪魔になっている

Windowsの回復パーティション以外にも、工場出荷時の回復パーティション(OEMパーティションと呼ばれています)もシステムパーティションの拡張の邪魔になります。このOEMパーティションを使ってお使いのPCを工場出荷時の設定に復元することができます。そのオプションが必要な場合は、そのままにして、データ損失なし回復パーティションをディスクの末端または他の場所に移動する必要があります。

Windows 10で回復パーティションを移動する方法

データ損失なしパーティションを移動するには、サードパーティ製のソフトウェア--AOMEI Partition Assistantが必要になります。無料版でもWindows 10の回復パーティションの移動を実現できます。

回復パーティションを移動するには、未割り当て領域が必要です。ハードディスクに未割り当て領域がなければ、パーティションを縮小して未割り当て領域を生成することができます。では、このパーティション管理ソフトウェアを無料でダウンロードして起動してください。

1. AOMEI Partition Assistantを開きます。ちなみに、このソフトはWindows 10/8/7をサポートしています。

2. 回復パーティションが拡張するパーティションと未割り当て領域の間にある場合は、回復パーティションを右クリックして「パーティションの移動」を選択します。

パーティションの移動

3. 「パーティションの移動」画面で、回復パーティションをクリックして保持して右側へドラッグし、「確認」をクリックします。

回復パーティションを移動

4. Windows 10で回復パーティションを移動した後にパーティションレイアウトをプレビューできます。そして、問題がなければ、「適用」をクリックして変更を実行します。

適用

未割り当て領域をC:ドライブに追加する必要がある場合は、C:ドライブを右クリックして「パーティションを調整/移動」を選択し、システムドライブを拡張します。変更を適用する前にこれを行うことができます。回復パーティションを気にしないと、DiskPart.exeを使用してWindows 10/8/7で回復パーティションを削除するだけで済みます。

ここで、上記の4ステップの後、未割り当て領域をC:ドライブに追加してシステムドライブを拡張する方法を見せます。

1. C:ドライブを右クリックして「パーティションを調整/移動」を選択します。

C:ドライブを拡張

2. スライダバーを右側へドラッグして「確認」をクリックします。

拡張する値を入力

3. 保留中の操作をプレビューして「適用」をクリックします。

C:ドライブの拡張を適用

どうですか?簡単でしょう~ただ数回クリックだけで回復パーティションを移動しましたし、未割り当て領域をCドライブに追加しました。実は、[パーティションの移動]と[パーティションのリサイズ]のほかに、このソフトのPro版は、[ブータブルCD/USBを作成]、[OSをSSD/HDDに移行]、[ハードディスクを消去]、[NTFSをFAT32に変換]や[MBR形式とGPT形式の間でディスクを変換]などの高度な機能をたくさん備えています。

パソコンの利用と共に、ディスクエラーがよく起こるかもしれません。それにつながるリスク、例えば、時間の浪費、データ損失やパソコン損害などがあなたの生活や仕事に不便を与えると思われます。こんな場合、このソフトを利用することで、短時間で数回クリックで問題を解決できます。手間をずいぶん省けます~では、この1700万ユーザからご愛用いただき、人気のある専門ソフトAOMEI Partition Assistant Proにアップグレードしてみよう

回復パーティションをUSBに移動できますか?

回復パーティションを削除しても、回復オプションをそのまま維持したい場合は、そのWindows回復パーティションをUSBメモリに移動してから、パーティションを削除します。Windows 10には、回復ドライブの作成という内蔵機能があります。

PCを起動できない場合でも、回復ドライブを使用してPCをリセットしたり、問題のトラブルシューティングを行ったりすることができます。システムファイルをこの回復ドライブにバックアップすると、このドライブを使用してWindowsを再インストールすることができます。

システムファイルをUSB回復ドライブにバックアップする場合は、フラッシュドライブの容量は少なくとも16GBです。回復パーティションを作成する前に、USBメモリ上のものがすべて削除されるよう注意してください。

回復ドライブを作成する最後のステップでは、Windows回復パーティションを削除するオプションが与えられます。完全な回復オプションを持つ回復ドライブを作成したら、回復パーティションは安全に削除できます。

Win10では、回復パーティションを移動するか削除するかあなた次第です。上記の手順に従えば、何も間違ってはいけません。実際には、回復パーティションがパーティションの拡張の邪魔になったら、前述のフリーソフトウェアを使用してシステムパーティションに未割り当て領域を直接追加できます。


この情報は有用ですか?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!