By 三浦大和 / 最後の更新日時 October 12, 2019

関連:「Windows Server 2016のディスクのパーティション(ボリューム)を拡張する三つの方法」はここをご覧下さい! 本記は主にパーティション(ボリューム)の縮小についてです。

「方法一」Windows Server 2016「ディスクの管理」(Disk Management)でボリュームを縮小する

Windows Server 2016 はWindows 10に対応する最新のサーバオペレーティングシステム(OS)です。新しい機能をたくさん備えていますから、「ディスクの管理」(Disk Management)でディスクをよく管理することができます。例えば、自分の要求によって、既定サイズのパーティション(ボリューム)を縮小するなんて不合理のことですが、Server 2016「ディスクの管理」でパーティション(ボリューム)を縮小して新しい一つを作成できます。縮小したいパーティションを右クリックして「ボリュームの縮小」を選択するだけでいいです。

パーティション(ボリューム)を縮小


ただし、「ディスクの管理」でパーティション(ボリューム)を縮小する場合に、「ボリュームの縮小」というオプションは淡色になることに遭ったことがあるユーザーもいます。

では、パーティションには空き領域があっても、ボリュームを縮小できない原因は一体何ですか?

原因:そのパーティションにはディスク欠片があるとか、移動できないファイルがパーティションの端を占領するとかのせいで、空き領域があっても、Windows Server 2016のパーティション(ボリューム)を縮小できなくなります。

「方法二」Windows Server 2016 「Diskpart」でボリュームの縮小

Diskpart」は「ディスクの管理」より強力なツールですので、「ディスクの管理」で解決できない問題は「Diskpart」で出来ます。例えば、「Diskpart」でWindows Server 2016ボリュームを縮小する場合に、以下のピクチャをご参照して出来ます!

Diskpart」を起動する手順は:

  • ● 「WIN+R」を押す

  • ● 「diskpart」を入力する

  • ● 「Enter」キーを押して起動する

ここではdisk 0上のボリューム2の縮小を例とします。

  • ● 「list disk」を入力

  • ● 「select disk 0」を入力(縮小したいパーティションがあるディスク)

  • ● 「list volume」を入力

  • ● 「select volume 2」を入力(縮小したいパーティション)

  • ● 「shrink desired=10240」を入力


ボリュームを縮小


残念ながら、誤ったパラメーターを参照する可能があります。

上記のように、ボリュームを縮小する場合には、欠片があったら、ディスク欠片の整理は最初からすべきことです。そして、syntaxを使用してボリュームを縮小します。しかし、パーティションの末尾に任意の移動できないファイルがあれば、「Diskpart」でも縮小できません。

「方法三」AOMEI Partition Assistantで制限なしでWindows 2016パーティション(ボリューム)を縮小する

パーティションの末尾に移動できないファイルがあって、「ディスクの管理」や「Diskpart」での操作は失敗しても、ボリュームを縮小する方法もあります。

AOMEI Partition Assistantはそんな状況でデータ損失なしでボリュームを縮小できるソフトです。Windows Serverユーザーにとって、AOMEI会社はAOMEI Partition Assistant Severを提供してくれます。Windows Server 2016パーティションをリサイズするには、まずこのソフトをダウンロードしインストールしてください!

する前に、以下のヒントをご覧下さい。

  • ● システムパーティションのボリュームの縮小はPreOS モードで実行されます。

  • ● アプリがあるパーティションのボリュームの縮小はPreOS モードで実行されます。

  • ● AOMEI Partition Assistantインストール内容またはファイルページを含んだパーティションのボリュームの縮小はPreOS モードで実行されます。


ステップ1.AOMEI Partition Assistant Sever体験版を起動して、そのメインインターフェイスとディスクパーティションの基本的な状況が表示されます。空き領域で任意のパーティションを縮小できます。縮小したいパーティション(ここでHパーティションを例とします)を右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します

パーティションをリサイズ


ステップ2.下の図に示すように、一端から中央へマウスをドラッグして、または具体的な値を入れてWindows Server 2016パーティションを縮小します。

パーティションを縮小


ステップ3.リサイズした後 [はい] をクリックして、メインインターフェイスに移動します。ツールバー上の「適用」をクリックして前の操作を確認します。

ここまでWindows Server 2016 (パーティション)ボリュームの縮小が完了しました。後はWindows Server 2016で未割り当て領域を使用して、新しいパーティションを作成するまたは他のパーティションを拡張することができます。移動できないファイルがあっても、AOMEI Partition Assistantも「ボリュームの縮小」を簡単に実行できます。

注:Windows Server 2012 (R2)、2008 (R2)、2003、2011 やother Windows PC OSesをサポートします。

便利でしょう~~時間を節約するには、AOMEI Partition Assistant Server完全版を強くお勧めします。だって、そのソフトを使用すると、問題をすぐ解決できます!簡単かつ安全ですので、お客様の大切なデータを守ります。