Windows10にアップグレードした後の回復パーティション

回復パーティションとは何ですか?

ハードドライブにWindowsオペレーティングシステム(OS)をインストールする時、Windowsのセットアップを使用してMBRディスクの上に新しいパーティションを作成すれば、Windowsはシステムで予約済みのパーティションを作成します。ハードドライブはGPTディスクであれば、Windowsはドライブ文字のない回復パーティションとEFIシステムパーティションを作成します。 Windows10の回復パーティションは450MBが必要で、 Windows 8/8.1 は1200MB、Windows 7は100MBです。 この回復パーティションはWindows回復環境(WinRE)を含めて、手動でドライブ文字を割り当てると、表示されることができます。 このパーティションを削除する場合、Windows回復オプションを使用できないようになります。複数のパーティションを含むハードドライブにWindowsをインストールする場合、Windowsは回復パーティションを残さずに「回復」という名前のフォルダにWinREを保存します。このフォルダはシステムドライブ(ドライブC)のルートディレクトリに位置します。

Windowsの回復パーティションの以外、レノボやデルなどのコンピュータメーカーによって作成された回復パーティションもあります。彼らは、WinREと工場インストールファイルを含む約7〜20GBが必要なOEM回復パーティションとともに、自分のコンピュータを製造します。 一部のコンピュータは、WinREと工場インストールを別々に2つのパーティションに保存しているので、コンピュータに2つのOEMパーティションが見えます。OEMパーティションがあれば、特定のキーを押して回復環境を起動し、WindowsインストールディスクなしでOSを工場出荷時の設定に復元することができます。 Windowsインストールのコピーを持っている場合、このOEMパーティションを削除してより多くのディスク領域を解放することができます。

なぜアップグレードの時余分の回復パーティションが作成されますか?

次のバージョンにWindowsをアップグレードするたびに、アップグレードプログラムは、回復パーティション(GPTディスク)またはシステムで予約済みのパーティション(MBRディスク)に十分な容量がないことを検出したら、新しい回復パーティションを作成します。Windows 10にアップグレードした後、多くの回復パーティションを持っているのに違いありません。Windowsに別の回復パーティションを作成したくない場合、Windows 10にアップグレードする前に、回復パーティションまたはシステムで予約済みのパーティションのサイズを増加すればいいです。

Microsoftにより、以前のWindowsバージョンの回復パーティションは、無用になるため、いくつかのディスク領域を解放するために、その回復パーティションを削除することができます。 ご存知のようにWindowsはパーティションを右側のみから縮小することができるので、どの回復パーティションはWindows 10にアップグレードした後新しく作成されたのか分かります。例えば、以下のスクリーンショットのように、Windows 7をインストールする時、100MBの回復パーティションが作成されました。その200MBの回復パーティションがWindows 7をWindows 8にアップグレードした時に作成されたのです。その500MBの回復パーティションがWindows 8をWindows 10にアップグレードした時に作成されたのです。OEM回復パーティションはメーカが出荷する前に作成されたのです。

ディスクの管理

Windows10の回復パーティションを削除する方法。

Windows10の回復パーティションは重要なファイルを持っているため、Windows10の「ディスクの管理」を使用してそれを削除することができませんが、Diskpart.exeを使用して、削除することができます。しかし、回復パーティションはドライブCの前に現れれば、新しく作成された未割り当て領域で、残りのパーティションを拡張することはできません。ですから、サードパーティ製のパーティションソフトウェアが必要です。AOMEI Partition Assistant Standardは無料パーティションソフトウェアで、回復パーティションを削除し、未割り当て領域でパーティションを拡張することができます。

1. このフリーソフトをダウンロードしてください。 インストールして起動します。

2. 削除したい回復パーティションを右クリックして、「パーティションを削除」を選択します。そして、回復パーティションは未割り当て領域になることが見えます。実際に、「適用」をクリックする前、何も変更が起きません。

パーティションを削除

3. 「パーティションをマージ」をクリックします。ポップアップウィンドウで、未割り当て領域と拡張したいパーティションをチェックします。

パーティションをマージ

4. 保留中の操作一覧を確認して、変更を保存するために[適用]をクリックします。

適用

この操作は、AOMEI PreOSモードで完了するので、コンピュータが再起動する時、パニックしないでください。

Windows10の回復パーティションを作成する方法。

多くのユーザーは、Win10にアップグレードした後OEMパーティションが機能しない問題に遭うかもしれません。Windows10の回復パーティションを使用したい場合、または回復パーティションを誤って削除した場合、どうすればいいですか。ドライブCにインストールされたすべてのプログラムを含む現在のシステムをバックアップ、復元するために、AOMEI OneKey Recoveryを利用してWindows 10に回復パーティションを作成できます。コンピュータを起動する時、特定のキー「F1」または「A」を押して、AOMEI OneKey Recovery環境に入ることができます。

Windows10の回復パーティションを作成した後、システムバックアップイメージファイルを回復パーティション以外の場所にも保存することができます。即ち、同時にたくさんのシステムバックアップを保つことができます。システムが起動するのに失敗した場合、特定のキーを押してAOMEI OneKey Recoveryを起動します。そしてシステムバックアップを選択してシステムを復元できます。

起動メニュー

win10にアップグレードした後の回復パーティションは多くのHDD容量を消費しないので、残したほうがいいです。回復パーティションを本当に取り除きたい場合、削除する前に重要なファイルをバックアップしてください。

この文章は役立ちますか?        

我々はこの情報を改善することが何ですか? (Optional)
Refresh 確認コードを入力してください!