USBメモリーの書き込み禁止を解除する4つの方法

このパスは、USBメモリー書き込み禁止になっていることを解除する4つの方法を詳述しています。RegEdit、Diskpart、Intenso 64GB USBメモリー修復ソフトウェア、および第三者フォーマットツールが導入されました。

シナリオ

「WindowsのエクスプローラでIntenso 64GB USBメモリーを開けません。それは、ドライブが壊れているか、ドライバが不足していると言います。書込み禁止されていると言ってデバイスをフォーマットすることができませんでした。Intenso USBメモリー書き込み禁止を解除する方法はありますか?私は単にこのUSBメモリーに新しいファイルを再フォーマットしたいと思っています。助けてください。」

原因

実際、Intenso USBメモリードライブだけでなく、他のUSBメモリーも書き込み禁止の問題を抱えています。この種の問題は、多くの要因によって引き起こされる可能性があります。詳細には、下記を見てください。

  • ウイルスやハッカーの攻撃によって損害を受ける。

  • USBメモリー書き込み禁止スイッチによってロックされる。

  • ファイルシステムが壊れる。

  • Windowsのレジストリキーに間違った値を設定する。

  • 単に壊れる。

「Intenso 64GB USBメモリー書き込み禁止」問題の解決方法

USBメモリーにライトプロテクトスイッチが付いている場合は、それを反対側にスライドさせてください。ファイルシステムに問題がある場合は、新しいファイルシステムを選択するためにフォーマットする必要があります。特定のファイルを読み取ることができない場合は、これらのファイルが「読み取り専用」に設定されている可能性があります。ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「プロパティ」タブの「読み取り専用」チェックボックスをオフにします。すべての場合、メソッドを1つずつ実行して、それが機能するかどうかを確認できます。

方法 1:DiskpartでIntenso 64GB USBメモリー書き込み禁止を解除

1. Intenso USBメモリーをPCに挿入します。実行ボックスを起動するには、「Windows + R」キーの組み合わせを押してください。

2. タイプ:diskpart(権限を求めるプロンプトが表示されたら、「OK」をクリックします。)

Run Diskpart

3. 入力:list disk

4. 入力:select disk n(nはUSBメモリーのディスク番号です)

5. 入力:attrib disk clear Readonly

6. 入力:exit

Diskpart

このメソッドは、「読み取り専用」チェックボックスのチェックを外すのと同じ効果があります。さらに、コマンドプロンプトはIntenso USBメモリーフォーマットツールとしても優れています。この方法で問題を解決した場合は、それをフォーマットして同じユーティリティーで新しいパーティションを作成してください。ただし、この要因によってUSBメモリーの書き込み禁止が解除できない場合は、次の方法を試してください。

方法 2:RegEditでIntenso 64GB USBメモリー書き込み禁止を解除

Windowsレジストリキーが正しくない値に設定されている場合、レジストリエディタでこの問題を解決し、書き込み禁止プログラムの値を1(YES)から0(NO)に変更できます。

1. 実行ボックスに「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動します。

RegEditを実行

2. 案内: Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

ヒント: 「StorageDevicePolicies」が見つからない場合は、手動で作成することができます。「Storage」フォルダを右クリックし、「新規」> 「DWORD(32ビット)値」を選択します。次に、新しいキーが作成し、「writeprotect」と命名します。

レジストリキー

3. 「WriteProtect」という名前のキーが表示されます。それを右クリックし、「修正」を選択します。

修正

4. ポップアップウィンドウで、値を1から0に変更します。

値のデータ

方法 3:USBメモリーフォーマットツールで書き込み禁止を解除

前に説明したように、Intenso USBメモリースティックはファイルシステムが破損している可能性があります。その結果、このUSBメモリーフラッシュドをプロのツールでフォーマットすると動作することがあります。AOMEI Partition Assistant Professional は、書き込み禁止になった問題を修正する信頼性の高いUSBメモリーフォーマットユーティリティです。 Windows 10、8、8.1、7、XP、Vistaがサポートされています。 このソフトウェアをダウンロードしてください。

1. USBメモリーをPCに挿入します。AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。

2. Intenso USBメモリーを右クリックし、「フォーマット」を選択してください。

フォーマット

3. パーティションファイルシステムとクラスタサイズを選択し、「はい」をクリックします。

はい

4. 保留中の操作を実行するには、「適用」をクリックします。

ヒント:WindowsがUSBメモリーを検出できない場合は、AOMEI Partition Assistantを使用して起動可能なデバイスを作成し、Windows PEモードでそのフォーマットを実行することをお勧めします。また、セーフモードで直接コマンドプロンプトを使用してUSBメモリースティックをフォーマットすることもできます。一般に、セーフモードに入るには、マシンを起動した直後にF8キーをタップしてください。

方法 4:USBメモリーを修復して書き込み禁止を解除

上記のすべての解決方法でIntenso USBメモリー書き込み禁止の問題を解決できない場合は、残念ながらUSBメモリーが破損している可能性が非常に高いです。このような状況では、Intensoの製造元のサポートに連絡するか、内蔵のチップセットS/Wをフラッシュする、つまり自分でUSBメモリーを修理することができます。自分ですれば、USBメモリースティックで小さなプログラムを実行する必要があります。

1. Chip Geniusポータブルアプリケーションを入手して、USBメモリースティックチップのVIDとPIDを見つけてください。

2. 前に見つけたVIDとPIDでFlashBootウェブサイトを検索してください。

3. 「UTILS」ボリュームで見つけた名前、そしてUSBメモリーを修復するソフトウェアを見つけるでしょう。それをダウンロードし、修復を開始してください。

注:この方法は、経験豊富なコンピュータユーザーに適用されます。コンピューティングがうまくいかないユーザーの場合は、USBメモリーサポーターに連絡することをお勧めします。

結論

あらゆる問題には対応する戦略があり、重要なポイントは正しいものを見つけることです。前述のAOMEI Partition Assistantは、実際にオールラウンドのユーティリティです。Intenso USBメモリーのフォーマットツール以外にも、Lexar USBメモリーフォーマットプログラムです。また、SanDisk USBメモリーフラッシュをブート可能にすることもできます。パーティションマネージャーとして、それを使用してUSBメモリーをパーティションすることもできます。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!