ベンチマークはSSDの性能をはっきりさせます

SSDベンチマークとは

SSDベンチマークはソフトウェアを実行するプロセスであり、異なるディスクアクセスのシナリオで転送速度を正確に測ることができます。例えば、シーケンシャル、4Kランダム、深いキューデプスです。このプロセスの目的は通信速度をMBps単位で取得してディスク速度の特性を要約できることです。ここでは、ダウンロードしてお使いのディスクをベンチマークできる無料ソフトウェアが沢山あります。

なぜSSDベンチマークツールが必要ですか

SSDベンチマークツールは分からない可能性があることを教えています。それは、既に書き込んだ回数、故障するまでの平均時間、ファームウェアの番号を提供できます。これらの情報により、お使いのドライブがファームウェアのアップグレードを必要とするかどうかを知っています。

ベンチマークツールはドライブの速度を確認します。通常、それはSSDの問題を明らかにします。例えば、お使いのドライブをベンチマークして書き込みパフォーマンスが悪いことを見つけます。この場合、誤動作を修正するコマンドを使わなければなりません。

SSDベンチマークツールの3つの種類

市場で異なるベンチマークツールがあり、それらは様々なレポートを提供できます。どのテストに注意を払うか分からないかもしれません。ツールでテストの結果に影響を与える要因が沢山あります。例えば、PC構成、ユーザーによって作成されたオプションなどです。ベンチマークツールの主な種類は3つを含みます:合成ベンチマーク、トレースツール、アプリケーションベースツールです。

  • 合成ベンチマーク
    合成ベンチマークはパターンを使用して様々なワークロード中でドライブが経験したかもしれないストレスを模倣します。テストデータはランダムまたは非ランダムです。いずれにしても、SSDの性能はファームウェアデザイン、DRAMキャッシュ、NADAコンポーネント、コントローラ技術に違いがあるので影響されます。一部の合成ベンチマークはシーケンシャルまたはランダムのデータアクセスパターンを割り当てることができます。
  • トレースツール
    トレースツールは、Microsoft PPT、Windowsメディアセンターなどを実行している現実世界のプロセスから実際の入力/出力の要求を記録します。それは特定のシステム構成で完全なトレースを完成するのに使用される時間を記録できます。このツールはSyntheticより現実的です。
  • アプリケーションベースツール
    アプリケーションベースツールは以上が述べた2つのツールと違っています。このツールを使用したいなら、アプリケーションをインストールして実行する必要があります。パフォーマンスが記録されます。すべてのSSDは速く動作するため、SSDの間で小さな違いがあります。

計測

  • シーケンシャルの読み込み速度は報告されます。これは、大きなファイルのアクセス、ゲームレベルの読み込み、一部のタイプのゲームプレイのようなタスクを完成するSSDの速度を表示します。この速度もドライブが連続したメモリー空間からデータを読み取れる速度です。
  • シーケンシャルの書き込み速度はMB/sで報告されます。この速度はSSDがドキュメントバックアップのようなタスクを完成する時間を示します。これも、ドライブがデータをシーケンシャルのメモリ空間に書き込む時間です。
  • ランダム読み込み速度はIOPS(Input/output Per Secondの略で、1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回数をあらわすもの)で報告されます。それはWebブラウジング、アプリケーションのロード、PCの起動のようなタスクを完成するSSDの速度で、ドライブが連続していないメモリ空間からデータを読み込む速度です。
  • ランダム書き込み速度はIOPSでレポートされ、ドライブがWebブラウジング、ファイルの圧縮、アプリケーションのロードのようなタスクを完成する速度を表示します。また、これもドライブが連続していないメモリ空間にデータを書き込む速度です。

様々なシステムなので、同じSSDに上述したすべての計測は異なる結果があります。例えば、IOPSの報告はキューデプス、データブロックのサイズ、読み込みと書き込み操作間のトレードオフによって異なります。また、合成ベンチマークである場合、ランダムの書き込みパフォーマンスはテスト範囲によって異なります。例えば、小さな範囲がある書き込みテストはNADAチップの内部の並列性を使用しないので、これはパフォーマンスを低下させます。そのため、SSDの完全な性能を知りたいなら異なるテストの結果を一緒に観察する必要があります。

一言で、SSDベンチマークツールはSSDの性能を表示する良い方法で、SSDを最大限に活用できます。今すぐSSDを最適化し、そしてそのサービス時間を延ばすことができます。多分将来SSDは従来のHDDに代わるかもしれません。そのため、事前にその知識を知ったほうがいいです。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!