Windows 10/8/7でボリュームの半分以上のサイズを縮小します

内蔵ツールでボリュームを縮小します

Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」はボリュームの縮小/拡張、パーティションの作成、ディスクの初期化、およびディスクとパーティションの管理に関した他の操作に使用されることができます。しかし、それはいくつかの制限があります。ボリュームの半分以上のサイズを縮小したい時、ディスクの容量はほとんど使用されなくても、縮小可能な領域のサイズは望むのよりはるかに少ないことを見つけるかもしれません。そしてコマンドラインプロンプトからDiskPartを使用して同じことを行う時、「パラメータが間違っています」というエラーが出るかもしれません。例えば、約49GBのCドライブは約40GBの空き容量があり、それを縮小しようとしますが、縮小可能な領域のサイズは約24GBだけです。なぜですか。ここでは縮小可能な容量を増加する方法がありますか。

ボリューム縮小

ボリュームの半分以上を縮小できない理由

「ディスクの管理」は縮小可能な領域を計算した後、「移動できないファイルが格納されている場所までも含めて、ボリュームを縮小することはできません」という警告が表示されます。そのため、問題は空き容量に混在した移動できないファイルです。次のステップを試して、移動できないファイルを削除し、またはそれを無効にすることができます。

ステップ1:システムの保護をオフにして、すべてのシステム復元ポイントを削除します。それを実現するために、ディスクのクリーンアップというシステムツールが必要です。すべてのシステム復元ポイントを削除する前に、システムイメージバックアップを作成したほうがいいです。

システムの保護

ステップ2:ハイバネーションを無効にしてハイバネーションファイルを削除します。ハイバネーションをオフにするためにコマンドプロンプトで「powercfg /h off」コマンドを実行できます。Windows 10である場合ハイバネーションはデフォルトで無効になります。Windows 10のOSを使用している場合、このステップを省略できます。

ハイバネーションを無効

ステップ3:ディスクデフラグまたは他のデフラグツールを使用して縮小したいボリュームを最適化します。

これらのステップを実行した後、「ボリュームの縮小」オプションを再チェックし、縮小可能な容量を確認します。通常に、今「ディスクの管理」を使用してボリュームを好きなように縮小できます。しかし、より多い容量を縮小したいなら、サードパーティ製のソフトウェアでパーティションをリサイズできます。

AOMEI Partition Assistantでボリュームを縮小します

AOMEI Partition Assistant Standardは無料Windowsパーティションマネージャーソフトウェアで、パーティションのすべての空きディスク容量をほぼ縮小できます。ベーシックボリュームの半分以上のサイズを縮小する方法を探すなら、AOMEI Partition Assistantは良い選択肢です。それがどのように動作するか見てください:

1. この無料アプリケーションをダウンロードし、インストールして開きます。

2. 縮小しようとするパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

3. ポップアップでパーティションの縮小を実現するためにスライダを左にドラッグするか、パーティションサイズを入力します。

パーティションを縮小

4. このステップで、パーティションレイアウトをプレビューし、問題がないなら「適用」をクリックして操作を実行します。「適用」ボタンをクリックする前に、ディスクに何の変更が発生しません。そのため、操作を簡単に取り消します。

適用

数秒でAOMEI Partition Assistantはボリュームの半分以上のサイズを縮小します。縮小されたボリュームによって作成された未割り当て領域は新しいパーティションを作成し、または「パーティションをマージ」で既存パーティションに追加されるのに使用されることができます。また、それはSSDにOSを移行、データ損失なしでGPTにMBRを変換、HDDを高速分割することもできます。AOMEI Partition Assistant Professinalを試して、より多い強力な機能を取得できます。例えば、データ損失なしでベーシックディスクにダイナミックディスクを変換します。サーバーユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。

Is this information helpful?        

What can we do to improve this information? (Optional)
Refresh Please enter the verification code!