パーティションコピーウィザード

データ移行のために、パーティションのバックアップまたはクローンを作成します

パーティションコピーウィザードはあるディスクから別のディスクに既存のパーティションを転送/クローニングする2つの方法を提供しています:「パーティションの高速コピー」と「セクター単位のコピー」。使いやすい!

 

他の場所にパーティションをコピーする柔軟なコピーウィザード

オプション1:パーティションの高速コピー、宛先パーティションに使用されたスペースとソースパーティションだけコピーします。そして、コピー中に、パーティションサイズを変更することができます。このオプションを使用して、任意の大きなパーティションを小さなパーティションにコピーすることができます。その逆もまた然りです。 オプション2: セクター単位のコピー、別のパーティションにパーティション内のすべてのファイル(削除された無効ファイル、既存の有効ファイルなど)をコピーします。つまり、これらのセクタが使用されているかどうかと関係なく、パーティション上のすべてのセクターが別のパーティションにコピーして貼り付けられます。 オプション2はオプション1より時間がかかって、より徹底的にコピーします。

注意:

パーティションをコピーすることは、未割り当て領域にパーティションをコピーして、ソフトウェアが自動的にこの未割り当て領域に新しいパーティションを作成することです。未割り当ての領域がない場合は、まず、存在してるパーティションを削除する必要があります。例えば:パーティションEにパーティションDを分割する場合、Eを未割り当て領域にする必要があります。つまり、パーティションEを削除することです。こうして、この未割り当て領域にパーティションDをコピーするコピーウィザードを自由に使用することができます。 AOMEI Partition Assistant無料版を使用

スクリーンショット

   

この機能を使用して、パーティションやハードディスクを簡単に管理することができます: