GPTからMBRへとの変換、MBRからGPTへとの変換をどのように作成しますか?
MBRとGPTディスクについて
MBR - マスター・ブート・レコード:それはドライブの先頭のガイドセクターです。これは、IBMのハードディスクやフラッシュディスクの分割がパーソナルコンピュータと互換してた1983年に命名されました。その時、PC DOS2.0は、ハードディスクをサポートしていました。 MBRは、ファイルシステムと組織型などを含む論理の情報を説明しています。加えて、MBRは、実行可能コードを含んでいます。このようなMBRは、通常、ブート・ルーチンと呼ばれています。
注意: MBRは、分割できないメディアに存在することはできません。例えば、ソフトディスク。
GPT - GUID(グローバル一意識別子)パーティションテーブル:それはEFI(豊富なファームウェアインターフェイス)から生じたディスクパーティションテーブルの新しい標準です。 MBRに比べて、それはより柔軟なディスクパーティション原理を提供します。
MBRディスクの制限は何ですか?
MBRディスクが最大限2TBのパーティションサイズや4つのプライマリパーティションをサポートします。パーティションのサイズが2TBを超える場合、スタートが読み出して表示することができません。より多くのパーティションが必要である場合は、拡張パーティションとして知られている二次構造を構築する必要があり、その後、論理パーティションを作成することができます。 MBRのパーティション・ルールが複雑で、不十分指定されています。そのため、MBRパーティションスタイルは徐々にGPTに置き換えられています。
GPTディスクの利点は何ですか?
これは、MBRディスクの2TB制限を破って、大きなサイズを使用することができます。
GPTディスクは、ほとんど無制限のパーティションを許可します。 Windowsの実装制限数は128ですが、それは使用するために十分です。
各GPTパーティションは、固有の識別GUIDとパーティションコンテンツタイプを有しています。そして、あなたはより多くのプライマリパーティションを持つことができます。
ほぼパーティションのサイズに制限はありません。セクターは、64ビットの整数によって番号が付けられています。このようなの数のセクタを持つパーティションは、まだ小さいですか?
GPTディスク上のパーティションは、ディスクの最後に保存されている自己完結型のバックアップを持っています。オリジナルは、先頭に保存されています。2つの一つが破壊された時、残りの一つによってそれを復元することができます。
GPTディスク上のすべてのパーティションは、パーティションラベルとは異なる名前を持っています。
なぜMBR/ GPTディスクを変換する必要がありますか?
前述したように、MBRディスクが2TB以下のサイズのパーティションのみをサポートしていますが、2TBを超えたMBRスタイルのディスクを持っている場合、あなたは2TBのディスクサイズだけを使用することができます。それの残りの部分は使用することができません。ディスク容量をフルに活用するために GPTディスクにMBRディスクを変換する必要があります。
一方、Windows95/98/ ME、WindowsNT4、Windows 2000、Windows 2003の32ビット、それにWindows XPの32ビットバージョンがGPTパーティションをサポートしていません。 GPTディスクは、これらのシステムでGPT保護パーティションとして表示されます。MBRディスクに変換するまで、データにアクセスすることができません。このような状況では、MBRにGPTディスクを変換する必要があります。しかしながら、2TB を超えたGPTをMBRディスクに変換したい場合は、データが2TBを超えていないことを確認してください。それ以外の場合は、オーバーロードされたデータが失われてしまいます。あなたが本当にデータが2TB を超えたGPTをMBRディスクに変換したい場合は、変換を開始する前に、他の場所に余分なデータを転送する必要があります。
実行する前に
次のチュートリアルは、MBRとGPTスタイルの間でのデータとシステムディスクの変換方法を記載しています。しかしながら、あなたはMBRとGPTスタイルの間でシステム・ディスクを変換する場合、GPTディスクがUEFIによって起動できないので、変換操作が完了した後に、UEFI(ユニファイド・エクステンシブル・ ファームウェア・インタフェース)とレガシーの間でブートモードを変更してください。
MBRディスクの制限のため、GPTディスクに4つ以上のパーティションがある場合、このプログラムは、MBRディスクにGPTを変換することはできません。そのため、その時、いくつかの未使用のパーティションを削除して、プライマリパーティションの数を4つ内に制限する必要があります。
GPTとMBRディスクとの間の変換がどのように作成しますか?
まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロードしてください、この変換を実現するには、AOMEI Partition Assistant Professional EditionまたはServer Editionを使用することができます。
ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。変換したいデータディスクを選択して右クリックします。ドロップダウンメニューから「GPTディスクに変換」(またはMBRディスクに変換)を選択します。
Convert to GPT Disk
ステップ 2. 変換操作を確認した後、「はい」をクリックしてください。
Click OK
ステップ 3. 変換をプレビューできます。変更を実行するにはツールバーの「適用」をクリックしてください。
Apply
注意:
MBRとGPTスタイル間でシステムのブートディスクを変換する場合、システムが起動可能できることを保証するには、変換が完了した後に、BIOSに入て、ブートモードを変更する必要があります。
ラップトップ上のMBRとGPTディスクの間で変換する場合、電力供給が十分であることを確認してください。
データの一貫性を確実にするには、変換処理中にプログラムを異常に終了しないでください。