ディスクをコピーする方法は?

ディスクコピー機能を使用して、別のハードドライブへハードドライブの内容を全体コピーすることができます。残念ながら、ディスクコピーコマンドは、フロッピーディスクの以外に任意のディスクに使用することは推薦されていません。幸いなことに、 Partition Assistant は、この新しい機能を追加しました。また、パーティションコピーとディスクコピーを簡単かつ安全に作成できます。

注意:

  • ディスク2にディスク1をコピーすると、ディスク2上のすべてのデータが削除され、破棄されると注意してください。また、ダイナミックディスクにディスクをコピーできません。

  • ターゲットディスクのサイズがソースディスクと一致している必要があります。それはあなたが選択した方法によって決定されます。あなたが「ディスクの高速コピー」を選択した場合、ターゲットディスクは、ソースディスクよりも小さくしてもいいですが、使用済み領域より大きくする必要があります。「セクタ単位のコピー」を選択した場合、ターゲットディスクは、ソースディスクより同等または大きくしなければなりません。

  • 「セクタ単位のコピー」だけ削除されたまたは失われたファイルをコピーします。

ステップ1.Partition Assistant を起動してコピーしたいディスク(ここで、ディスク1を選択)を右クリックして「ディスクをコピー」を選択します、また、左側ディスク処理リストで「ディスクをコピー」をクリックすることもできます。

Main Interface of PA 3.0

ステップ2. ポップアップウィンドウで、PAは2つのディスクのコピー方法を提供しています。「セクタ単位のコピー」と「ディスクの高速コピー」。ここでは、方法1を選択して「次へ」をクリックします。

Disk Copy Method

ステップ3.次のページで、宛先ディスクを(ここでは、ディスク2を選択)選択します。「次へ」をクリックすると、ターゲットディスク上のデータが削除されるボックスがポップアップ表示されます。

Select Destination Disk

ステップ4.「はい」をクリックすると、それは次のページに入ります。そこで、3つの異なる提案でディスクを編集することができます。それから、「次へ」をクリックしします。

Edit Disk

ヒント:

  • 「パーティションのサイズを変更せずにコピーする」:ソースパーティションのサイズを維持することを意味します。

  • 「ディスク全体にパーティションをフィットする」:ディスク全体にフィットするようにプログラムはパーティションのサイズを自動的に調整することを意味します。

  • 「ディスクのパーティションを編集する」:ディスク上のパーティションのサイズをリサイズします。

ステップ5.次のページでは、「完了」をクリックする前に「宛先ディスクからOSをブートする方法」に関するメモを参照することができます。

最後に、物理ディスクの動作を実現するには、ツールバー「適用」をクリックすることを忘れないでください。それは簡単でしょう?また、ディスクコピーだけでなく、望む他のディスクに パーティションをコピー することもできます。 無料でダウンロード して魔法な機能を経験しましょう。

関連リンク


パーティションの移動/リサイズ パーティションの作成 パーティションの削除
全てのパーティションの削除 パーティションのフォーマット パーティションラベルの設定
ドライブ文字の変更 ファイルシステムの変換 エラーのチェック
パーティションの再表示/非表示 アクティブパーティションの設定 データの永久な消去
パーティション拡張ウィザード

分割する前に、何が必要ですか? どのようにパーティション拡張ウィザードを使用してパーティションを拡張しますか? どのようにPartition Assistantを使用してパーティションのサイズを変更しますか?